MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【ハッピーちゃん】地球の遊び方!自分が選んだ経験を創り出す

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

HAPPYさんは、2014年からエイブラハムの引き寄せの法則を自らの人生で実験し、自分を生きることの大切さを伝え続けています。

壮絶な生い立ちやいじめられた経験などで自分に自信のない状態から、どうやって満たされた人生に変わっていったのか、詳しく具体的にシェアしてくれています。

出版されている本を読むと、さらに具体的な実践方法を知ることができますよ!

今回は、2020年9月24日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】地球の遊び方!自分が選んだ経験を創り出す

さあ、今日はですね。
ちょっと、読み聞かせをさせて頂きます。

トレーニングですからね。
トレーニングしていきましょう。
繰り返し、反復が必要なんですよね。


セミナーとかでもそうじゃん。
1回行ってウェーイ!ってなってもさ、身にならんでしょう。

自分に習慣化されるまで、染み込むまでやっていくっていう。
地味な作業が必要なんですよね。


エイブラハムの本ですね。

エイブラハムがエスターと出会った時、エスターには、エイブラハムが1つの存在、1人のガイドに見えた。
1つの魂が彼女のもとにやって来た、と。
彼女は、どうすればいいかを教えてくれるガイドができて、とても喜んだ。
それからしばらくして彼女は、エイブラハムがどうするべきか教えてくれるつもりがないことを知った。
エイブラハムは師であり導きはするが、エスター自身が自分の望むことを決断していかなくてはならない。
なぜならエスターが経験することを決めるのは、彼女自身だからだ。
そこで彼女は「エイブラハム、私はこれを食べるべきかしら、食べないほうがいいかしら」「私は右に曲がるべきかしら、左に曲がるべきかしら」などと尋ねるのをやめた。
やがて彼女は、エイブラハムが決断をするのに役立つ法則を授けようとしているのに気がついた。
こうして少しずつエスターとエイブラハムの関係は進化して、今日に至っている。
そしてまだ、完結はしていない。
時が経つにつれて、もっと理解されるべきことはたくさん出てくる。
私たちがあなたに望んでいるのは、自分が選んだ経験を創り出してほしいということだ。
この時代に地上に肉体を持って存在するあなた方は、全員内なる存在が決断することで生まれた。
内なる存在は「この時代に肉体を持ちたい」と、そう願ったのだ。
あなた方は今、この時代を選んで地上に生まれてきた。
なぜなら内なる次元との交流が進むだけでなく、より創造の早さが増す時期となる時代に、創造のエネルギーが大きくなることに気づいていたからだ。
あなたはここに、物質世界に存在したいと願った。
あなたと内なる存在とを分けて話してはいるが、私たちはそれらが融合するのを望んでいる。
調和を見出し、あなたが自分自身を偉大ですばらしい存在だと見出す手助けとなるように、あなたが私たちと接触して見つけ出そうとしているのは、そんな自分だ。

エイブラハム

ポイントが2個ありますね。


やっぱり最初はエスターも、何でも勘でも聞いてたっぽいですね。
「右に曲がるべきなの?左に曲がるべきなの?」「これは正しい食べ物の?そうじゃないの?」って。

でもやっぱり、それに対しての回答がなかったらしいんですね。
要はそういうことではない、と。
自分で決めるものですよ、と。

自分で選んで自分で決めるということが、楽しみであるっていうね。
だからそういうことではなく、決断を決める時のポイントを教えてくれてるんだっていうことに、気がついたわけですね。

決断する時のポイント。
要は「それは愛か恐れか」とか、そういう話ですよね。

そして、もう1個がですね。

この時代に地上に肉体を持って存在するあなた方は、全員内なる存在が決断することで生まれた。

エイブラハム

要は、ソースですね。
内なる存在、源。

ソースがこの時代というピンポイントで、「肉体を持ちたい」と。
そう望んだが故、その創造のエネルギーがフォーカスされて私たちは今、具現化されてるわけですよ。
肉体として。

なぜなら内なる次元ソースとの交流が進むだけでなく、より創造の早さが増す時期となる時代に、創造のエネルギーも大きくなることに気づいていたからだ。

エイブラハム

要はもう、フェスティバルなんですよ、今。
フェスティバル。

肉体を持ちながら見えない次元の内なる存在、ソースとの繋がりとの融合も果たせるし。
物質化させる早さというのが増している時期、創造のエネルギーが大きくなるというタイミングだということに気が付いていた。


まぁそれが何十年単位で言われてますけど、結構その何十年単位の中でも、今はピンポイントの年じゃないかなと私は思っておりますよ。

全ての創造は望み、そして許容する、それだけだ。

エイブラハム

これたぶん、昔のあなただったら意味が分からない話だと思うんですけど。
今ならめっちゃ分かるでしょ?


全ての創造は、望んで許容すること。
要は望んでそれに許可を下ろすだけっていう、それだけだって。

意味分かりますよね?

通路を開きたいと望んだら、そのプロセスはほとんど終了しているのと同じだ。

エイブラハム

要は、内なる存在と肉体を持つ物理的次元の今の人間的な自分っていうのが、意識として2つ存在しているわけですね。

物質世界にあまりにフォーカスをかけすぎたが故、内なる存在の方の視点を忘れてしまっているというのが、この忘却の星地球の遊び方なんですけども。

でももう今の時代は、自分の中に内なる存在というもう一人の自分。
要はそれが、本来の自分に当たるわけなんですけど。


そっちと肉体を持つ今の自分の意識っていうのが、通路を開いてね、回路を開く。
もともと開いて繋がってるんですけど、自分で閉じることをしてたわけですね。


そして、17秒瞑想の良いところというか。
良いところというよりかは、瞑想の目的っていうことなんだけど。

許容は、私たちが勧める瞑想中に起こる。
私たちが瞑想という表現を使う時には、時間を取って物質界を鎮め、内なる感覚を受け取れるようにするという意味で、この過程ではただ静かに座って存在してればいい。
そこであなた方は言うだろう。
「私たちはいつだって存在している」
「存在しないでいられるはずがないじゃないか」
私たちがいるというのは、自然に起こること以外何も創るな、ということだ。
「何も考えるな」と私たちが言うと、あなた方は何も考えないことを考えてしまう。
しかしあなた方がやらなくてはならないことは、思考や心を静かにすることであり、あまり深刻でないことやさほど意識的に思考を巡らせる必要がないことにでも、焦点を当てておけばいい。
例えば、呼吸とか。
空気を吸ったり吐いたりして、そのことに心を向けて思考をぼんやり巡らせると、最初の瞑想でもぴりぴりしたように感じたり無感覚になったように思うかもしれない。
そうやって無感覚になってくると、あなたは内なる存在からの信号を感じ始める。
肉体感覚を鎮めて内なる感覚を感じ、その状態だと、たとえ何か思考を巡らせてもすぐどこかに消えてしまう。
浮かんでくる思考を開放して心を鎮めると無感覚な状態が感じられるが、すぐできなかったりできたりを繰り返しながらも、やがてその状態にすぐ入れるようになってくるだろう。
そしていつでもそうなれるようになれば、許容する状態にいることになる。
そう。
あなたが許容する状態にいれば、あなたがやるべきことは終わりだ。
残りは、内なる存在がやってくれる。
あちこちピリピリする感覚が強くなったりするだろうが、それは内なる存在が通路を開こうと働いていること、あるいはエネルギーの同調をしようと働いていることを示すものだ。
そして何らかの変化を感じれば、あなたの通路は開かれたことになる。
一旦通路が開かれれば、受け取るために瞑想する必要もなくなくなる。
その後は、受け取りたい時にはいつでもいいと思っていれば、受け取れるようになる。
「私は受け取りたいと思う」と、言えばいい。

エイブラハム

そうなんですよ。


回路を開くっていうね。
回路を開くことが、瞑想の一番の目的なんですね。

ピリピリした感覚とかちょっと鼻がムズムズしたりとか、そういう現象が起きている人は、コネクトというか、がっつりソースとの融合が始まっているっていう。
内なる自分と肉体の自分のね。


あとは望んだことに対して、抵抗を起こさないことですね。
これがエゴキンマンなんですけど。

こういうことを繰り返していけば、エゴキンマンの声もだんだん小さくなってくると思います。
まぁ、いろんな段階の人がいると思うんですけど。

瞑想で「気持ちいいな」って思うゾーンに入ることの何が気持ちいいかって言うと、内なる存在の本当の自分と肉体の自分のエネルギーの融合を感じるから、気持ちいいんですよ。

そりゃそうですよね。
物質世界にいながらソースの視点になってるわけです、その瞬間。

だから、めっちゃ気持ちいいんですよね。
いきなりはならないと思うけど。

でも結構何なのこれ?っていうぐらい、今エネルギーが渦巻いてるんですけど。
それもあって、蓋してきた気持ちとか感情的なものが、パカッていきなり開くことがあると思うんですよね。

それを人間的な視点でいると、結構嫌なこととかネガティブに捉えがちなんですけど。
いや、今まで我慢して見なかったものです。

よく言う、好転反応ってやつですね。
いつかは浮かび上がらないといけないものが、ちょっと加速したっていうことが起きてる人もいると思うんですけど。

風邪引いたら熱が出るぐらいの症状なんで、あんまり気にしない方がいいですね。
まぁ悲しみにくれるのも苦しみにくれるのも、何でもいいと思うんですけど。
抜けないことは絶対にないんで。

それはずーっと放ってきたものだから、自分が悪いんですよね。
ずっと放って見ないようにしてきたもの、ゴミみたいなものが溜まってるわけですから。

それ、1回出さないとダメだよね。
熱は下がりますから、大丈夫です。

見たくなかったこと、それ。

そうでしょう?
心当たりあるでしょ?

じーっと腹の底の底の底に置いといた、みたいな。
いつか1回出さないといけないわけだから、じわりじわりより、今みたいにバッて出た方が楽じゃない?

だってじわじわ痛め付けられるより一気にドバッと出た方が、その後カラッ!となるからさ。
カラッ!となるよ。

目次