【ハッピーちゃん】痛みの中心に癒しがあり、繁栄へと繋がっていく

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

心が苦しくなった時や辛い現実を変えたいと思った時に、スッと気持ちが楽になると思いますので、ぜひ読んでみてくださいね。

今回は、2020年6月27日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】痛みの中心に癒しがあり、繁栄へと繋がっていく

さやちゃん(吉野紗弥佳さん)も私も、人に対して「ムカつく」とか、何かされた時に「恨む」っていうことをするんですよね。

さやちゃんなんて、神社作ってるから。
恨むために、自分の所に神棚作ってるんよ。

神様にお祈りするとか言って。
恨みを。

私はさすがに神棚は作らないけど。
そもそも神棚作っても、お世話ができないんで。

同じなんですよね。
「は?」みたいな。

結構こういうことをやっててこのポジションとかでいるとさ、お互いにインフルエンサーでなんで。
ちょっとしたやり取りは別に何でもないんですけど、深いところまである程度行った人に「は?」みたいなことをされたりとかね、そういうことが起きたりするんですよ。

そういう時に恨むんだけど。
結局、お互いに「感じる」っていう。

私は「エネルギーを出す」っていう観点だし、さやちゃんは「感じる」っていう言い方で、結局まぁ一緒のことじゃん。
要は、その怒りとか恨みっていうのがいかに自分の繁栄に繋がるかっていうのが分かってるから、もうスパークさせるんですよね。

そうでしょ?
「恨みを神棚でスカッと捨てる」って、さやちゃん言ってるでしょ?

だからこれね、言葉尻で真似すると危ねぇなと思ったんですよ。

何かって言ったら、「神棚を作って恨もう」っていう行動だけで、真髄を分かってないでやるとどうなるかって言ったらさ、結局自分の為にならないわね。

さやちゃんも私も、恨みとか怒りのエネルギーっていうのが、自分の新しい望みの発見とか現実に繋がるっていうのが分かってるんですよ。

だから相手に向かって乗っかって恨むっていうよりかは、もう完全にこっちに意識が向いたまま恨んでる感じなんですよね。
別に乗っかって恨んでもいいんだけど、それをやると結局、自分がどんどん泥沼にはまるわけよね。

相手とやり合ったりしなきゃいけなくなったりとか、面倒くさいじゃん。
それで別に、自分が幸せになるんだったらやればいいけどさ。

相手を傷つけると、やればやるほど自分が傷ついてるしね。
自分がどんどん疲弊してね、変な風になるわけですよね。


ある案件の内容でたまたま電話してた時に、こんなことがあって。
その時はたまたま、さやちゃんの件だったんだけど。

色々ことが起きて話を聞いてた時に「うわ〜、またでっかくなっちゃうね」って。
「そうなんよ、そうなんだよね」みたいな感じ。
こんな会話が出るんですよ。

恨みのことを喋っててめっちゃ怒ってるし恨んでる話なんだけど、こっちからしたら「うわ〜、この人また大きくなっちゃうんだ」って。

要は、そのエネルギーを感じてまた拡大するんだなっていうのが分かるから。
「またでっかくなっちゃうね」って。
本人も「そうなんだよね〜」みたいな。

分かります?
その人に対して「ムカつくね〜、何なんそれ」「あり得なくない!?」って、私も同調して言ったりはするけど。

そうは言いつつも、他人に本気で乗っかってないっていうか。
聞きながら、ただの愚痴で笑ってるんですよね。

でっかくなるっていうのは、さやちゃんの現実世界がバーン!ってビッグバンで大きくなるっていうことですね。

恨みから結局、感謝になっちゃうやつなんですよ。
めちゃくちゃ絶対これね、感謝になっちゃうんですよ。

「どうやって感謝になるの?」とかじゃなくて、勝手に湧き上がりました。
だって恨みとか怒りとかっていう発動で、「あぁ、だったらこうやってやるよ!」「あ、もうこうしたい!」みたいな望みが湧くわけですよね。

それに向かって「あっ、やろ!」みたいなインスピレーションが湧くから行動して。
結局現実とか世界がバッ!と大きくなって。


「何なんこれ?」「あれ?きっかけ何だっけ?」みたいな。
「あっ、あの人のお陰やん、ありがとう」みたいなさ。
そんな感じ。

怒りだけ感じて「ちくしょ〜!」って作業したら、めちゃくちゃ捗って感謝できたよ。

そうでしょ?
そんなもんだよね。

恨みのエネルギー放出によって、アイデアとかも湧くんだね。

湧きます。

旦那の不倫が感謝になった。

同じく、私もですね。
あの時私も、恨み切ったもんな。

あの時の恨み方は、エネルギーとか分かってなかったから。
エイブラハムに会う前なんでね。

とにかく恨み切ったら、疲れちゃったんですよね。
それで「これは何かおかしい」ってなって、エイブラハムの本に出会ったわけなんだけど。


まぁ疲れ切ってもいいよね、結局。
疲れ切ってどうしようもなくなったら、抵抗がなくなるから。

もう、どうにでもなるからね。
そしたら結局、流れに乗り始めるんで、ウェルビーイングの。

恨み切ると疲れますよ。
他人、その人が自分の中に入り込んだ状態の恨み切り方は、マジで疲れますね。

だって、何も変えれないことが自分では分かってるし。
本当はそれ真実じゃないって、深いところで自分で分かってるから。

身体的に疲れさせてくれますね。
でもとことん疲れたら、お手上げになるでしょう?

降参になったらウェルビーイングの流れに乗るから。
まぁそれまでね、ジタバタした方がいい気がする。

「ムカつく!」「腹立つ〜!」って叫んだら、胸の中が熱くなる。

いいですよね。
叫ぶのいいですね。

私もよく叫んでますからね。
「何やねん!!」とかって、よくやるね。

スッキリするよ。

体の痛みが強くて、そっちばかりに気がとられちゃう。

めっちゃいいじゃないですか。
体の痛みが強いってことは、分かります?

今にしかいれないでしょ?痛すぎて。
考えられないじゃないですか。

たぶん今まで相当、考えることの道具を間違った使い方してたと思いますよ。
今その考える道具を使えないでしょう?痛すぎると。

そして今にしかいれないでしょ?
痛みに寄り添ってください。

一旦それを排除するんじゃなくて、痛みの中に入るんですよね。
「痛みを感じてる」って、そうなんですよ。

フィールですから、フィール。
しかも、めっちゃ今にいますよ。
今にいるとパワフルだから。


貧血でしんどかったら、止まらなきゃいけないですよね。
もう何も考えられないじゃないですか。

自分を傷つける思考ができないでしょ?
止まらないといけない、休まないといけない。

「痛みを感じる」って言うでしょ?
「痛みを感じる」って、感じるてるじゃない?
感じるてる。

さやちゃんが「痛みの中心に癒しがある」みたいなことを言ってた。

それです、そうなんですよ。


またこれも言葉が違うだけで、一緒のことを言ってます。
痛みの波が存在するんですよ。

痛い、痛い、痛い、痛い、痛いって。
ずっと一緒の波じゃないんよ。

ちょっと「ふっ」て緩和するところがある。
たぶんそれが、さやちゃんの言う真ん中の癒しだと思うんだけど。

私で言うとその波が抜ける時、ちょっとした「ふっ」っていう時。
それって本当に「感じるっていうことには波があるんだ」っていうのを感じれるんですよ。

痛みがひどすぎて感じられないと思ったけど、違ったのか。

めっちゃ痛みを感じてるってことは、誰よりも感じてます。
そして誰よりも、今にいてる。

陣痛と一緒。

へ〜。
私、出産したことないから分からないんだけど、陣痛の時って呼吸法するじゃん。

痛みを感じて今にいれてる時に、もっと深呼吸でプラスアルファしたらめっちゃいいんじゃないですか?
何か生まれるんじゃないですか?

痛みにフォーカスするとどんどん痛くなるから、他のことを考えたりしてた。

それでもいいんですけど、あまりに激痛の時って考えられないと思うんですよね。
軽傷の時はもちろん、他の全然違うものでエネルギーを出したら痛みが緩和されていくっていうのはあるんですけど。

本当にめちゃくちゃ痛い時はたぶん、誰もが無理だと思う、他のことを考えるのは。

分娩中、深呼吸より大事なことはないって助産師さんに教わりました。

ってことは、痛みを感じている時は深呼吸より大事なことは何もない。

元々先天的に持っているものとか、そういう例外を一旦除いて。
色んなプログラムで生まれて来てる人がいるから、その辺りはちょっと一回この話は置いといてもらって。

生きてて、味わう力。
食べてても何してても余計なことばっかり考えて、あっちゃこっちゃ今にいれないみたいな人が「感じたい」っていう望みはあるわけですよね。

でも何をやっても、幸せを感じれるどころか食事の味も味わえないみたいな状態だと、あなたがソースの視点だったら何します?


気持ち良いこととか幸せの状況とかあるのに、全然味わったりとか感じれない。
でも深いところでは感じたいと思ってるのに「その辺のものじゃ全然こいつ通用しねーな」と思ったら、私がソースの視点だったら「痛み」っていう感じ方を使いますね。

そしたらやっと止まるもんね。
やっと目の前の自分の可愛がってる存在が、立ち止まって感じてくれるから。

病気とかだと止まるよね。
「痛い」っていう感覚を感じてくれたら、やっと今に戻ってくれるからさ。
戻ってくれたら、ソースとの繋がりを感じてくれるわけじゃん。

あなたがソースだったらって考えるとね、結構簡単ですよ。
あなたがソースだったら。

「病気になって今の幸せに気づいた」っていう話、よく聞く。

でしょ?
そういう話、よく聞くでしょ?
そうなんですよ。

目次
閉じる