MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【ハッピーちゃん】見えない創造のパワーは、自分の中にあるの?ハッピーちゃんになって一番ワクワクした時の話

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

HAPPYさんは、2014年からエイブラハムの引き寄せの法則を自らの人生で実験し、自分を生きることの大切さを伝え続けています。

壮絶な生い立ちやいじめられた経験などで自分に自信のない状態から、どうやって満たされた人生に変わっていったのか、詳しく具体的にシェアしてくれています。

出版されている本を読むと、さらに具体的な実践方法を知ることができますよ!

今回は、2020年1月14日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】見えない創造のパワーは、自分の中にあるの?ハッピーちゃんになって一番ワクワクした時の話

ハッピーちゃんになってから、何が一番ワクワクしましたか?って言われたら、いっばいろんなことを創造して、いっぱいいろんな体験もさせてもらって、いっぱいワクワクしたけど。

私の中で、これを超えるワクワクはもうないんじゃないかって思ってることがあって。

自分の力が本当にあるのかっていう、見えない創造のパワーっていうものが、本当に自分の中にあるのかどうなのかっていう、それについて実験を繰り返している時が、私は一番ワクワクしたんですよ。

本当にあるの?嘘なの?ないの?ほんとのほんとなの?っていう。

もう最初は本当に小さいことだった。
タクシーのナンバーでエンジェルナンバーを見たり、たまたまシンクロで誰がとパッて合う現象だったり、小さいこと。

別になんてことないけど、自分の中では「あっ、これはきっと創造のパワーって言われるものだ」っていう。
それを積み重ねていっている時が、今までで何よりもワクワクした。


それがもう今は、当たり前になってしまったんですよね。
やりたいと思ったら、なんでも実現が可能って。

「できるかな?」とかは言うけど、口先だけだし。
「怖い」とかって言って、まぁ本当に怖い感情は湧くんですけど、新しいことは。

でももう、本当に奥深いところでは、「どうせ形になっちゃうんでしょ」っていうのが、自分の中にあっちゃうんですよね。

でも、果たしてそれが本当なのかどうなのかっていう、「わからない、どうなんだ?本当はどうなんだ?」ってやってた時、めっちゃワクワクしたんよ。

あの時一人でやってたことを、今すごい人数にシェアできて、今、ひっくり返る瞬間なのよ。
これ、すごいシーンにいるな〜と思って。

この時期を過ぎちゃうとね、確信に変わっちゃうから。
そうなったら、戻れないんですよね。

もう、そこまで忘れることができないんよ。
私、ひっくり返った瞬間が一番楽しかったなぁ〜と思って。

その時、一喜一憂はなかったの?
やっぱりダメだなぁって。

ありましたよ、めっちゃありましたよ。
「やっぱり、私にはその力がないんだ」とか、「やっぱりここに書かれていることは、特別な人のものなんじゃないか」とか。


もういっぱいそんな葛藤は、死ぬほどしました。
「それでも実験を続けたら、何かがある気がする」「絶対、この世界は本当だって、私はそう信じてる」って、進んでみました。

なんで諦めなかったの?

「これは絶対!」と思ったもん。
逆に「これが違ったら、もう今世いいや」と思った。
もともと「今世、早く終わんないかな」と思ってたから。

こんなに電流が流れるぐらい衝撃でワクワクできたものが、違ってダメだったっていうんだったら、どっちみち「今世いいや」と思ってたから、「もう、早く歳とって死のう」って。
それくらい思ってた。
「つまんないし」みたいな。

ひっくり返る瞬間が一番楽しいんだよ、本当に。
その後は、本当にいろんなものが実現化していきます、この現実世界で。

それはもう、すごいワクワクする、もちろん。
でもね、ひっくり返る瞬間のワクワク以上のものは、あんまりないよ。
「ないものがあったのか!」って、楽しくない?

ひっくり返った確信は、何の時だったの?

本の出版が決まった時ですね。


その前に私は、アンチに潰されてるんですね。
潰されてるってなんか、被害者の言い方しちゃったけど。

勝手に私が、心折れただけなんですけど。
「詐欺師」とか「こいつ、イカサマだからやばい」とか、私、SNSをそれまでやったことなくて免疫力もなかったから。

もう、忘れもしない。
ペンネーム「くまモン」さんから、連投でめっちゃ来て。

もう、家に来ちゃうんじゃないかっていうくらいのしつこさで。
「やばい、このブログで家とか特定されないよね」みたいな。

もう、すっごく怖くなっちゃって。
ブログを一回、閉じざるを得なくなっちゃって。

その時に「あぁ、やっぱり私ダメだったなー」みたいな。
すごいワクワクして、ブログ書き始めて進んできたけど。

5ヶ月ぐらい経った時だったかな、ブログ開設して。
すごい楽しく書いてたのに。

「この力って本当にあるのかな?どうなのかな?」ってやってきて、いきなりそんなことが起きて、閉じざるを得なくなって。
もう、怖すぎて書けなくなっちゃって。

あの時はもう、きつかったですね。
「元に戻ろう」って毎日お昼寝ばっかりして、派遣のバイトで働く、「まぁ、その人生でいいじゃん」って。
「元に戻るだけでしょ」っていう、なんかそんな感じで。

でもそこから、「いろんなパラレルワールドがあって、望む未来も望まない未来も自分で選択できるんだから、じゃあ、このまま元の生活、ブログがなかった頃の生活に戻って、早く今世終わらないかなっていう未来になるのか」って。

一回みんな、私は終わったと思ってると。
くまモンにやられて。

「そこからのアメブロ凱旋帰国で、出版決まりました!って戻る未来と、どっちもパラレルワールドでこの瞬間存在している。だったら私は、どっちを選ぶかな?」って思ったら、「出版を引っさげてアメブロ凱旋帰国したいな」と思って。

それで決めて動き出したら、決まったんです。
本当に、出版がね。

その時に、銭湯に毎日行ってサウナに入りながらね、「もう本当にこれで本が決まれば、私もうこの力、この世界のことを本当に信頼します。お願いですから、どうか信じさせてください」って。

サウナで汗かきながら毎日ね、「こんな絶望の中で本が万が一決まったら、この先は絶対に疑わないで信じて進もう」って。
そうやったら本当に決まって。

もうそこが、ひっくり返った瞬間だった。
そしてね、自分のシナリオ通り、引っさげて帰りまして。

だからあの時も、パラレルワールドっていう「自分で望む未来と望まない未来と、どっちもあるよ」って、自分の中で想定して。
「じゃあ、だったら私はどっちを選ぶのか」って決めた。


決めたの、自分で。
「そっちの未来を、私は選ぼう」って。


望む未来も望まない未来も、いっぱいいろんな未来がこの瞬間存在してて、選択可能なんですよ。
自分で決めれるの。


「だったら私は、自分が見たいものを見よう」って、決めたんです。

目次
閉じる