MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【ハッピーちゃん】堂々とビクビクしないで生きる秘訣!私が選んで私が決める

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

HAPPYさんは、2014年からエイブラハムの引き寄せの法則を自らの人生で実験し、自分を生きることの大切さを伝え続けています。

壮絶な生い立ちやいじめられた経験などで自分に自信のない状態から、どうやって満たされた人生に変わっていったのか、詳しく具体的にシェアしてくれています。

出版されている本を読むと、さらに具体的な実践方法を知ることができますよ!

今回は、2020年1月14日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】堂々とビクビクしないで生きる秘訣!私が選んで私が決める

良いも悪いも自分のことなんで、引き受ける覚悟をしてください。
何が起きたって大丈夫なんですよ、本当に。


自分の全部を引き受ける覚悟さえできてれば。
人のことじゃないよ、自分のことだから。

幸せにしてあげたいのは自分じゃないですか。
その、幸せにしてあげたい自分の全部を、引き受ける覚悟ですよ。


そしたら「これをやったら、良いことが起きるのかな」「大丈夫かな」とか、そんな何かにビクビクしなくてよくなるんですよ。
すごい堂々と生きれる。


人のことなんて、受け入れなくていいんですよ。
自分のことを、引き受ける覚悟ですよ。


じゃないと「これやったら良いこと起きるかな」「これやったら悪いこと起きないかな」「これやったら嫌われないかな」「このメソッドやってたら大丈夫かな」って、なんかいつも結局、良い結果しか引き受けたくないから、それによってビクつかなきゃいけないんですよ。

自分がいつだって、怯えなきゃいけなくなる。
「全部来いや!」ってやっちゃえば、その上で「あ、そのメソッドいいね」みたいな。
「私が選んでそれを使います」って、何でも自分のものにできちゃうんです。

今まで話した内容は、これが大前提で喋り続けてるんで。
「あ、そりゃ、話が入っていかなかったりするわ」って、今回分かったんですよね。


例えば、エイブラハムの引き寄せの法則っていうのを、「私は自分の型にしました」っていう話をしたと思うんだけど。

あれも私は、前提が「自分の全部を自分で引き受けます」っていう覚悟があった上で、エイブラハムのやつを型にしてる。

でもそれを、「エイブラハムが幸せにしてくれる」っていうのをもとに「そっか、型にすればいいんだ」って、「型にしたら、エイブラハムが幸せにしてくれるんだ」とかってやってたら、絶対上手くいかないもんね。

あと、「世界基準」っていうあのメソッドも、この前提がなかったらあんまり効力がないよね。

「自分の全部を引き受けます」ていう前提の上で、「私が世界基準」っていうものなんですよ。

でも「世界基準ってやってたら良いことあるよね」っていう、言葉に寄っ掛かったりすると、怯えがベースだよね。

私も、エイブラハムに寄っ掛かってるんですよ。
だって、未だに聞いてんだもん。

忘れちゃうのよ。
まぁ、今もう忘れないけど。
なんかやっぱり、聞いてたいんよね、話を。

じゃあ、なくなったらは忘却するかって言ったら、まぁそれはさすがにないけど。
でもやっぱり、私の生活の、人生の大事なエッセンスなんですよ、エイブラハムは。
私にとってね。

何なんだろう?と思って。
何が違うんだろう?と思った時に、アパホテルの社長の謎が溶けたんですよ。


アパホテルの社長いるじゃないですか。
あの、お帽子かぶった、すごいインパクトのある女社長。

あの人の講演会の話を、私、聞かせてもらってたの。
i am that i am を、なんかこう、体で表したような人じゃない、アパホテルの社長って。

やっぱり講演する内容も力強いんだけど、びっくりしたんよ。
あの人の後ろには会長がいるんよ。
旦那さん。

アパホテルの創業から今までの快進撃を、DVDで観せてもらったんだけど。
もうやっぱり世界トップレベルだって言ってた。
もう業績のなんかこう、うわぁ〜!っていう感じが。

全部、旦那なんだって。
旦那さんが、マジでスゴいらしくて。

社長がこう言ってたの。
「会長はすごい」と。
だから「たとえカラスが黒くても、旦那さんが白と言ったら、白なんです」って言ってたの。

え〜!みたいな。
私ちょっと、その言葉にびっくりしちゃって。

「お風呂なんて、私が先に入ったことはありません」って。
だから、会長が絶対、先に入る。

そうなん!?みたいな。
あまりにも自分が思い描いてた、社長の印象とちょっと違ってね。

ちょっと話がずれるんだけど、「今会社が傾き始めてて、そういう時ってどうしてましたか?」って質問が出た時に、アパの社長は「うちは創業以来、ずっと右肩上がりです」 って言い放ってたんよ。

かっこいいな、おい、と思って。
「うちは創業以来、ずっと右肩上がりです」 って。

旦那さんが白って言っても、「自分は黒がいい」って言う人だと思ってたし、そういうやりとりでやってきたのかと思いきや、「カラスが白って旦那が言えば、私もイエスなんです」って。

でも何で、あんなに「私」感がすごいんだろう?って、その話を聞いてからすごく謎だったんですよ。
言葉にも命が宿ってるし、すごく存在感があるし。

でも、他人が言うことに対してイエスをしちゃうんだっていう。
何でなのか、わかんなかったの。
何だと思います?

この件と私のエイブラハムの件が、繋がったんですよね。
「私が選んでる」っていう感覚が強いんですよ。

だから、そこだけなんですよね。
「旦那がそう言ったから、私もそう思わなきゃ」とかじゃなくて、「私が選んだ旦那はすごいんで、その旦那がカラスが白って言ったら、私も白って同意します」っていう感じなのよ。

私も「私が選んだエイブラハムだから、私は毎日聴いてます」っていう感じ。
「旦那さんの言うこと聞かなきゃいけない自分」っていうのに、成り下がってないんですよね。

「私が選んだ人で、その人がカラスが白って言うんだったら、私も同意します」っていう。
「私」感があるのは、「私」が主語なんですよ、
あの人。

だから人の意見を従順に聞いてるけども、あくまで主語が「私」なんですよね。
やらされてなくて自分で決めてるから、あんな力強さなんですよね。

でもこれ、すごくない?
服従してるのと一緒の状況なのに、その力強さですよ。

「私が選んだ人のことだから、私はその人の言うことを聞きましょう」っていう。
これ、すごくない?

自分で決めてるって感覚がアパの社長はあるから。
だから、自分の意見というよりかは、「旦那さんの意見を私は選んでる」っていう感覚でいるんでしょうね。

深いよね〜。
だから私も同じで、「エイブラハムに幸せにしてもらおう」とか「エイブラハムが言ってたことをやったら、幸せになれるよね」っていう感じじゃなくて。

「私が信じていいと思っているものだから取り入れる」っていう。
毎日聴いてても、寄っ掛かってるというよりかは、音楽聴いて元気もらってるのと一緒な感じ。

昔の物語とかでもさ、家臣っていうお殿様に仕える人の中でも、すごい馬力を持った i that のタイプの人ってよく出てくるじゃん、侍とかいろんな所とかで。

でもそれでも力強いのって、誰かや何かに仕えてても、「私がそこにいたいから、私が選んでいる」っていう感覚が強いから。
そのみなぎる強さが、その人を構成してると思うんだよね。

でもさ、形だけ見たら服従してるじゃん、誰かに。
でもその自分という力強さを持っているのは、形は服従かもしれないけど「私が選んでる」っていう。

そう、だから忠誠なんだよね。
「私が良いと思ったから」っていうこの力強さ、すごいね。

やっぱり、あの社長の謎が解けたのは嬉かったですね。
結局この人達って、みんな「私」を信じてるんですよ。
「私」っていう自分の存在を信じた上で、自分の世界に登場した誰かを「私が選んで信頼しよう」みたいな。

でも、「決断して選択しているのは、あくまで私である」っていうところにいるから、何の意見だろうが、別になんてこっちゃないんですよね。
それを「取り入れる」って決めてるのが、自分っていう。

はっきり言ったら何でもいいんだよね、たぶん。
その意見がどうだこうだ、なんて。

「私が選んでるから、それでいいの」みたいな。

目次
閉じる