【ハッピーちゃん】お金がない時も、面白がる視点を!自分のパワーが感じられた時、お金も回りだす

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

心が苦しくなった時や辛い現実を変えたいと思った時に、スッと気持ちが楽になると思いますので、ぜひ読んでみてくださいね。

今回は、2020年2月5日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】お金がない時も、面白がる視点を!自分のパワーが感じられた時、お金も回りだす

「よし、これでいこう!」って思った矢先にさ、通帳の「差し押さえ」の文字を見たら、「えぇーっ!!」ってならない?
なるよね?

「やっぱり無理なんだ」とかって、ならない?
私、すごいなったんだけど、あの時期。

それをね、乗り越えました。
凹みましたね、凹みましたよ。

まず、差し押さえってならないよね?
でも、なっちゃったんだもん。

すごくない?
アホみたいに10億円の数字を通帳に書いて、パソコンの上に貼って、差し押さえられて、督促状が来て、旦那にブチギレられて。

そこからの、今は億を回してますから。
コツコツコツコツ、自分への信頼を深めてきました。
自分のパワーを。


お金を回そうっていう意識は、やめた方がいいと思います。
結局、自分のパワーを感じられるようになったら、勝手に回るもんだから。


そこから約5年じゃないですか、今。
その時ね、facebookでオンラインサロンみたいなことしてたのよ。

作家の先生と二人でサロンをやってて、そこで差し押さえの写真も「こんなんされたんやけど」とかってシェアしてたから、見てた人いるかも。

写真で普通にみんなに見せてた。
ウケたから。

それでね、それを投稿したら、「私、銀行で約30年勤めていますが、こんな文字を見たことは初めてです」とかって銀行員の人からコメントが入って、もうそれにもウケちゃって。
すごい体験をしてるっていう。

最初のうちはさ、自分でやってたから。
ワークショップの振込確認とか。

インターネットとか使わないからよく分からなくて、記帳しに行ってたんだよね、わざわざ銀行に。
記帳をしに行って、確認みたいなことをやってて。

それを窓口でやる時に、ずっと通帳に10億円の数字をボールペンで書いてたからさ、跡がついちゃってて。
そこのページがペローンってなるから、銀行のお姉さんに見えちゃうわけ。

すごい一生懸命ゴシゴシしてさ、見えないように頑張るんだけど。
もう、どうにも抗えない跡がついちゃって。

それを見ると、みんな「ん?」みたいな顔するの。
恥ずかしい、恥ずかしかった。
一番後ろの方に書いたんだけど、とうとうそのページまできちゃったわけ、記帳が。

今度は、どこからお金が入って、いつ払ったかとかっていうのを、税理士さんに渡さなきゃいけないから、通帳を全部コピーしなきゃいけないってなって。
前ぴょん(ハッピーちゃんの夫)がやってくれたの。

コピーしてFAXを送った書類を見たのよ、ペロペロって。
そしたらさ、一番最後のページの、私がボールペンで書いた10億円の数字の上に、普通の銀行の数字が印字されてて。

普通に私が書いた10億円の数字が、見えちゃってるんですよね。
そしたら前ぴょんが矢印して、「気にしないでください」って書いてたの。

「気にしないでください」って税理士さんにコメントして、FAX送ってたのを見て、マジで爆笑した。
「そうだよね、気にしないでくださいって書かないと、これ何かよくわかんないもんね」みたいな。

大変ですね、私のお隣でお世話をしてくださる方。
本当にありがたいですね、感謝。

真面目にやってくれてるからね。
その「気にしないでください」っていう矢印。

お金について、かなり心が楽になりました。

あ、そう?
よかった。

いやほんとね、面白がるっていう視点に立つと本当に面白くなるから、面白がった方がいいですよ。
やっぱそういう話って、めっちゃギャグやん。
ギャグでしかないやん。


10億円って書いて通帳を貼り付けて、宇宙宇宙って叫んでる人に督促状が来て、「宇宙宇宙言ってないで、保険料払えや!」っていう、このギャグみたいなワンシーン。

落ち込んでる場合じゃない。
面白がろう。


こういうのは、いっぱい持ってた方がいいよ。
つまんないもんね、なんかトントントントン進むと。

あの時はなぜか、「みんなけっこう、携帯って止まるもんだよね」って思ってたの。
「電気とか、よく止まるよね」みたいな。

蓋開けたら、誰も止まってなかったんだけど。
それが分かった時にさ、自分のこの、人の家にお風呂を借りに行ってた話とかが、「あ、すごい面白いじゃん」ってなるわけですよね。

そういう体験って、狙ってもできないからさ。
トントン行ってたらさ、面白みがなくなるやん。


あと、貯金額がみんなきちんとあるって気づいた時も、「あれ?同じ年齢なのに、こんなにお金ないの私だけなんだ」とかさ。

電気止まらないと成功しないのか、とすら思う。

最高だね。

目次
閉じる