MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【ハッピーちゃん】称賛や名誉を追い求める落とし穴

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

HAPPYさんは、2014年からエイブラハムの引き寄せの法則を自らの人生で実験し、自分を生きることの大切さを伝え続けています。

壮絶な生い立ちやいじめられた経験などで自分に自信のない状態から、どうやって満たされた人生に変わっていったのか、詳しく具体的にシェアしてくれています。

出版されている本を読むと、さらに具体的な実践方法を知ることができますよ!

今回は、2020年2月3日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】称賛や名誉を追い求める落とし穴

前澤友作さん、いるじゃないですか。
前澤さんの記事なんですけど。

“前澤友作氏、今一番欲しいものは、「あの時の時間」と意味深発言”

リスナーから「ズバリ今一番欲しいものは何ですか?」という質問が。
これに前澤氏は、「確かにいろんなものを買ったりしましたし、いろんなところにも行ったりしましたし、いろんな方にも会ったりしましたけれど」と前置きし、「まー、お恥ずかしい話なんですけども、僕が今一番欲しいものは、あの時の時間とか、あの時の笑顔とか、あの時。あの時が一番欲しいです」と明言した。

っていうニュースを見たときに、ほら、この人ってもう、大成功してお金も持って、何でも買えてって言ってる人がさ、お金じゃ買えない、成功しても手に入れられない一番欲しいものが、やっぱり「あの時の時間」って。
時間。

たぶんあれだよね、剛力綾芽さんと付き合ってたときの時間なんだろうね。

しーちゃん(旺季志ずかさん)もさ、好きなことをやって舞台に登って、やりたいことは全部やり尽くしてるけど、やっぱり孤独があって。


もちろんたくさん望んでね、いっぱいいろんなものを叶えていきましょうよ。
それはもう、それこそゾルバザブッタだから。

物質世界のそういうものを欲しいって望んでいくんだけど、でもやっぱり一番大事なものっていうのはさ、こういう、繋がる幸せですよね。
自分と深く繋がる幸せ。

やりたいことをやったら幸せになると思ってやってみたけど、なんか満たされなかった。

そうでしょう?そうなんですよ。
だから、深い繋がりの場所の感覚と自分の型を見つけた上で、思いっきり挑戦したり思いっきりハメを外したりして、思いっきり望んだらいいと思うんですよね。

だから、成功した有名人がドラッグに溺れるのか。

ほんとねー。
それは私、いつも自分で思うんですよね。

今のこの自分がいる場所で、大事なホームの感覚を知らないで今このことをやっていたら、私もとっくに気が狂ってるなって思うんですよ。
それはクスリに手を出すわーと思って。


その芸能人の人たちとかだって、いくら何かを手にして、いくら称賛されても、満たされない何かがずっとあって、さらに何かが欠けてるっていう状態だから。
埋めるために期待に応えなきゃいけないとか、人に囲まれて称賛されればされるほど、それが起きるんで。

本当に良かったと思ってます。
もうホームがわかってるから、何でもいいって思えるこの楽さ。

だから、すごいわかる。
気持ちがわかる。
そのホームの感覚がなくてそのポジションに行ったら、そりゃクスリやっちゃうよね、みたいな。
わかる、みたいな。

称賛も名声も得てるのに、何でそうなるんだ?って思ってた。

逆ですね。
エゴキンマンに支配された状態で、称賛と名声を手に入れてください。
ただの地獄です。

それだったら、何も手にしてない方がまだ天国ですよって思いますけどね。
プレッシャーとしがらみを考えてくださいよ、その位置に行った時の。

それでエゴキンマンを背負ってたら、マジでキツイよ。
逃げたくなるよ、クスリに。

だから私は、そういう人たちに伝えたいな、と思うんですよね。
すごくたぶん、大変で苦しんでやってるだろうから。


「私でいきまーす」っていう人たちが、結局、芸能界の場所でも幸せにやってるんですよ。
自分のペースでね。


その人たちは別にホームっていう感覚とかはないって思うけど。
ソースだとかそうじゃなくても、結局「私は私のペースでやろう」ってやってるその人は、力を抜いてやっているから、結果、それがホームに入れてるから。

そこの場所で気楽にやってるんです。
「私でいきます」って。
最強だから。

ハッピーちゃん、受刑者の人に瞑想を教えたらよくない?

ほんと、そうですよね。
派生していったらいいなと思いますね、この内容が。

クスリをやってる人たちは、それでもっと周りから非難されるし。

そうなんですよ、悪循環ですよね。
その人も、やりたくてやってるわけじゃないんですよ。

キツすぎて逃げたくて、クスリに手を出しちゃってさ。
やったらやったでさ、「お前どうすんだ」っていうエゴキンマンの声が、また外の人たちからもいっぱい来てさ。


抜き出す光の一筋を、社会も与えてあげようよって思いますよね。
どこかでそのループを抜け出すために、何かこう一筋ないとね。
抜けれないもんね。

「何でそんなことやったんだ!」って言って、「確かにそうだ」って言って治ればいいけどさ。
でも、そもそも何でそういう行動を取っちゃったのかの裏にはさ、キツかったからっていうのがありますよね。

幸せならやらないもんね。

そうなんですよ。
満ちてたら、やらないんですよ。
そんな依存性の高いものとかに手を出して、自分じゃなくなるようなことをしようと思わないから。

よかったね、皆さん。
エゴキンマンを背負ったまま成功しなくて。

目次
閉じる