【ハッピーちゃん】成功や幸せを得るために走り回って、行き着くところ

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

心が苦しくなった時や辛い現実を変えたいと思った時に、スッと気持ちが楽になると思いますので、ぜひ読んでみてくださいね。

今回は、2020年1月9日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】成功や幸せを得るために走り回って、行き着くところ

成功と幸せ。
みんなが欲しくて欲しくてを求めているものを、あなたはもう知っています。

どうしたらいいのかを知っている。
それがこの世界の、一番の豊かさ
ではないでしょうか。

みんな幸せになりたいんですよ。
みんな成功したい。

何で幸せになりたいの?
何で成功したいの?

気分の良さを感じたいから。
じゃあ、どうやったらその気分の良さって感じられるの?

肩書きをもらったら、年収が増えたら、誰かに認められたら、その気分の良さは感じられるの?

本当の気分の良さは、見えない世界のあなた自身と調和すること。
ここに行き着くために、その手前にある幸せや成功について、みんなが走り回ってるわけです。

でも、それが何かの本質を、あなたはもう捉えられている。
ということは、一番成功してて、一番の幸せ者。


「10億円積んだら、あなたに真の幸せと成功とは何かを必ず教えてあげます」
もしそんなことが、あったんだったら。

10億円がリアルじゃなかったら、例えば100万円でも1000万円でも。
自分には手が全然届かないなぁ、みたいな金額。

それを払ったら、「絶対に真の幸せと真の成功手に入ります」と。
そう言われたら。

たぶん多くの人が頑張って、まずそのお金を貯めて、その真の幸せと真の成功っていうのを手に入れるために、動くと思うんですけど。


それを払って行き着く場所っていうのが、ここなんですよ、結局。
ここ。

ここで話している内容です。
ここに行き着くんですよ。

あなたが今、ここで話しているいろんな情報を知ることは10億円の価値があるし、1000万の価値があるし、100万の価値がある。
ここなんですよ。

私の話じゃなくても、ここで取り組んでる、この内容ですね。
この内容がね、みんなが欲しいと思っているものなの。

だから一週回って、そのお金払わなくても、もうやっていくから、みたいな。

あれ?
それってもう、一生を払えないくらいのお金を持っているということ?

いや、そうなんですよ。
私、だから、いつも思いますね。

1700円くらいでさ、エイブラハムの赤本って売ってるわけ。
なんてラッキーで、なんて豊かなんだろうって。

こんなすごいことをね、知ってしまったっていう。
いくら忙しく探し回っても、結局これが欲しいために探し回ってるだけであって。

であれば、もうその最初のものを見つけれちゃったんだって。
1700円でこんなのって、すごいと思って。

だから本当にもう、知識はいらないんですよ。
学ばなくていいんですよね。

繋がることが、みんなが求めているもの。
もう一度言いますよ。

「10億円払ったらあなたに、この世界での真の幸せと真の成功を教えましょう」って。
手に入りますよ、10億円払ったら。

「3000万円払ってくれたら、あなたに真の幸せと真の成功を教えますよ」
「そしてあなたは、手に入れられますよ」って。

真の成功と真の幸せ、みんなほしいわけでしょ。
お金を払うわけですよ。
それを払って行き着くところは、ここだから、ここ。


だから、現代の宗教ではなく、例えばキリストとかブッダが伝えようとしていた、彼らのメッセージ。
これは、同じことを言ってるわけですよ。

「私が道である」っていうことを、彼らは伝えたかったわけです。
「私」っていうのは、個人の「私」を指しているわけじゃなくて、それぞれの「私」っていうものが答えであって道であるっていう。

古今東西の、目が覚めてカラクリが分かった人たちが、伝えてくれてたわけよね。
その内容ですよ、これは。
この、「今、ソースと繋がる」っていう内容は。

成功とは、見えない世界のあなた自身と調和すること。
成功とは、見えない世界のあなた自身と調和して、感じる気分。


なんて簡単。
蓮の上に乗って、力を抜いて、ウェルビーイングに連れていってもらう。
これが、成功
これが、幸せという気分。


なので、それ以外の学ぶ知識は、新しいことではなくてあなたの趣味、楽しみ、新しい気づき、新しい視点を、好奇心で知りにいこうっていう。
そういう気持ちで学ぶものは、すごくあなたにとって為になると思います。

何か新しい幸せと成功がそこにあるっていう、「ない、探しに行かなきゃ」っていう気持ちではなく、もう大事なことは知っている上で、新しいその人の視点、知りたい新しい気づき。
それを自分の中では湧かせたい。

そういうふうに知識を学べるのは、楽しくて楽しくてしょうがないと思う。
なので、占いだったり何だったり、自分が興味を持ったものを理解してる人たちばかりだと思うけど、無駄でもないし、「私もう、学ばなくていいや」とか、そういうことじゃなくて。

大事な宝物っていうのは、自分のソースと繋がること。
その上で、占いっていう誰かが生んでくれた地上での遊び方を学んだりとか、身体に対する、その身体的なアプローチの方法を学びに行ったりとか。

新しい自分の中での視点が生まれる。
楽しいですよね、これは。

でも、「何で学びに行くの?」「何でそこに行くの?」って言ったら、ただ楽しいから。
幸せと成功を求めに、知識不足感から動いてるわけじゃなくて、大事なものはもう分かっている上で行ってる。

なんかあの、セミナージプシーっていう言葉がありますけど。
どこに本当の成功ができる内容があるのか、本当の幸せがあるのかっていうのを探し回るのは、確かにセミナージプシーだと思いますけど。

でも、本当の自分と繋がることが真の成功で、繋がることが真の気分の良さで、それが幸せって呼んでるものなんだっていう、自分の核を持った上での、学びたい、知りたい知的欲求とかは、全然セミナージプシーではないです。
自分に対する豊かな投資ですよね。

たくさん学んだけど、知識ばかりで幸せな気持ちになれなかった。

そうなんですよ。
知識は、幸せにはしてくれないんですよ。

自分が「それ、学びたい」ってなったら、自分のソースと繋がることが一番大事。
その上で「学びに行こう」っていう、こんな感じ。

どうですか?
めちゃくちゃ良くないですか?

目次
閉じる