MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【ハッピーちゃん】恐れがあるから真の自由になれる

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

HAPPYさんは、2014年からエイブラハムの引き寄せの法則を自らの人生で実験し、自分を生きることの大切さを伝え続けています。

壮絶な生い立ちやいじめられた経験などで自分に自信のない状態から、どうやって満たされた人生に変わっていったのか、詳しく具体的にシェアしてくれています。

出版されている本を読むと、さらに具体的な実践方法を知ることができますよ!

今回は、2019年12月13日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】恐れがあるから真の自由になれる

恐れについて。
恐れはですね、人類誰もが持っているものなんで、消すことはできないと思います。

だから、いかに恐れと丁寧に付き合っていくかっていうところに立てば、恐れを恐れなくてすむ。
今だけ見てください。

何千人が、種類は同じでいろんなカテゴリーの恐れを持っているんですよ。
そう思ったら強くなくないですか?
みんな、恐れなんて持ってるんですよ。

感情として同じ種類で、その恐れの内容自体の成分表が違うよね。
それが愛されないことだったり、場所がなくなることだったり、まあなんか色々あるけど。

突き詰めるとやっぱり、孤独っていうところに行き着くのかな、と思ってますけど。
一人になるっていうね。


みんな怖いんですよ。
自分だけじゃないんですよね。
全人類が同じ気持ちは抱いてるから、別にそんなに怖がることはなくないですか。

だったら、「どうやって恐れと付き合っていこうか」っていう、論議をした方がすごく建設的ですね。


すっごい私、それこそ真の自由をめっちゃ手にしたタイミングが、2018年のシンデレラプロジェクトだったんですよ。
シンデレラプロジェクトっていう、大きいイベントを企画して、やるってなった時に、1億5000万円総費用がかかるってなって。

そんなのあるわけないんですよ、お金が。
どう頑張っても、チケット代だけでも賄えないし。

その前の企画のミュージカルでも、赤字で3000万ぐらいショートしている中で、シンデレラプロジェクトがきちゃって。
なんかもう、それこそ八方塞がりの局面を迎えた、みたいなときがあったんですよ。
2018年の3月に。

いっぱいオーディションの書類が来て、期待もすごくて、みんなが楽しみにしているのも分かって、でも、「開催できなかったらどうしよう」とか「人が来てくれなかったらどうしよう」とか、そのループにはまってしまって。

「いい気分って何だっけ?」みたいな所までいっちゃったんですよ、あの時。
もう寝ても覚めても恐れがやってきて、自分の頭の中がずーっと恐れだらけ。
怖くて怖くて。

その時まだこんなに恐れについてね、自分を言語化もできてなかったし、まだつかめてなかったんです。
ちゃんと。

プレッシャーを通り越してましたね、あのときは。
とにかく「怖い怖い」って叫びまくって、一人で。
泣いて、紙に書いて、
それでも怖くて。

でも、やり尽くした時に、「なんで私、こんなに怖がってるんだろう?」っていうところに、やっと行き付けて。

出てきたのが、「最終的に私が、なんとかしないといけない」っていう、それこそ責任感ですね。
その責任が、もうなんかピークに達してたんですね、2018年。

それは多分、ハッピーちゃんをやり始めて、ずーっと何かを自分の中で勝手に背負い続けて、ピークがその時に、多分訪れてたんですよ。
その、背負いすぎた責任が。
自分で勝手に。

どうしようもなくなって、その恐れに向き合って、「あーもう、この責任感でこのまま進むのは、もうできないわ」って諦めて、手放したんですよ。

それで初めてあの時、「助けてください」っていう感じで言えたんですよね、みんなに。
そしたら、ぶわ〜って3日間で1億5000万が綺麗に集まって。

その支払いができて。
イベントも2日間、超満員でできて。

そうです、子泣き爺になってました。
背負いすぎて。

「今まで、すごいありがとう!」みたいな、なんか「こういう機会、待ってたよ!」みたいなコメントと一緒に、ぶわ〜っていろんなものが集まって。

その時に、下ろさせてもらったんですよね。
自分で背負ってた、謎の責任感を下すことができて。

それで、かなり私、劇的に変わりました。
本当に。

自分の恐れと本当に対峙して、そして行動を起こして、返ってきたみんなからの愛で、私の中の恐れがひっくり返ったんですよね。
そしたら、すっごい楽になって。


だからあれは、私をすごく真の自由に戻してくれた、すごい出来事でしたけど。
1カ月近く、ずーっとこの恐れの中にいて、苦悩の毎日でしたね。

何かがわからなかったんで。
ここまでわかってたら、恐れの正体がきちんとつかめて言語化ができていたら、もっと簡単にできたんだけど、あの時わかんなかったから。

恐れはでも、跳ね除けるものではないっていうところまではわかったんですよ、あの時。
こんなに細部までは、わかんなかった。

私もですね、コツコツとやってきて。
しかも結局、その前とかは、自分のソースとの同調みたいなのを、もう感覚的に結構長い時間入れている状態で、いきなりもうズッコケまくって、もう転びまくったんですよ。
戻り方すら、忘れちゃったんですよね。

もっと気分悪い状態で毎日過ごしてて、恐れが続いてたらまだ良かったんですけど。
その直前までは、すごい蓮の上に乗っている感覚が多いときだったから、余計に落差が激しすぎて。
「どうやって、どうやって、どうやって、私、蓮の上に乗ってたんだろう?」みたいな。
落差がきつい。

でも、なんか今もし同じ状態の方がいたら、大丈夫です。
泣き叫んで「怖い怖い」散々言って、ノートに書くなり書きなぐるなり、何かやり尽くしたとき、絶対何かが出てくるんで。

まあそれは、自分のことだからね。
辛抱強く、自分と向き合ってあげてください。

なんか焦って動き回るというより、しっかり辛抱強く自分に向き合ってあげてほしいな、と思いますね。

いや、太鼓判押します。
その期間が長いかもしれないけど、絶対大丈夫だから。

出口のきっかけは、恐れの奥に何があるかを見つけることなのかな。

そうなんですよ。
しかも、ここまでちゃんと、もう恐れの正体がわかっているから、大丈夫。
もっと早いはず。

そんな別に、他人に向き合う話じゃないんで、これね。
自分とはもう、一生付き合わなきゃいけないから。

自分から、もう逃げずに。
じっくり、膝突き合わせて向き合ってあげてください。

目次
閉じる