MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【ハッピーちゃん】欲に溺れることなく欲まみれに生きる、ゾルバザブッダ

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

HAPPYさんは、2014年からエイブラハムの引き寄せの法則を自らの人生で実験し、自分を生きることの大切さを伝え続けています。

壮絶な生い立ちやいじめられた経験などで自分に自信のない状態から、どうやって満たされた人生に変わっていったのか、詳しく具体的にシェアしてくれています。

出版されている本を読むと、さらに具体的な実践方法を知ることができますよ!

今回は、2020年1月24日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】欲に溺れることなく欲まみれに生きる、ゾルバザブッダ

抵抗を手放すっていうことをしていくと、自分の意識の表れに、多分すごく喜びが出てくるだろうし、それが叶ったら嬉しいけど、そこまでの執着が湧かないというか。

「だったらすごいな」っていう、もちろんこの期待はあるけど。
怨念めいたものまでには行かなくなる。
勝手にね。

頭の中はですね、ゾルバザブッダですね。
ゾルバザブッダ。
Oshoの言葉なんですけど。

この意識の表れが現実であるっていうことを知った時に、やっぱりちょっと陥りそうになったのが、「だったら、現実どうでもいいじゃん症候群」ね。

それこそ自分の中だけで完結していれば、別によくない?みたいな。
やらないけどさ、山の中にこもって、なんか一人で意識について考える、みたいな。

でも今ね、実際、社会というフィールド、現実というフィールドで生きている自分がいて。
あくまでこのフィールドを楽しむために、この内容はあるはずだって。
私は今、それを知り得たんだって、思ったから。

しーちゃん(旺季志ずかさん)から、そのOshoのゾルバザブッダの話を聞いて、「あ、私、その生き方しよう」って思ったんですよ。


ゾルバザブッダについて、詳しくご説明します。

ゾルバザブッタというのは、ゾルバのように地に足つけて人生を豊かに、情熱的に生きるという側面と、ブッダのように天とつながってスピリチュアルに生きる側面の、両方を併せ持つ人間ということです。

Osho

自分で言っちゃうけど、私、今、この状態で生きてますね。

現実っていうのも大事に、人生を豊かに、情熱的に生きる側面と、ブッダのように天とつながって、ソースとつながって、スピリチュアルに生きることの、両方を併せ持つ人間。

私のディスコ、私のレストランは、ゾルバザブッダと呼ばれる。
まず第一に、私はゾルバであり、それから私はブッダ。
覚えておくがいい。
2つのうちのどちらかを選ばなければならないとしたら、私はブッダではなく、ゾルバを選ぶ。
なぜなら、ゾルバはいつでもブッダになれるが、ブッダは自らの崇高さに縛られるようになるからだ。
彼には、ディスコに行ってゾルバになることはできない。
そして私にとって、自由には最高の価値がある。
自由以上に、大切で貴重なものは何もない。

Osho

Oshoの言葉なんですけど、ゾルバっていうのは、なんかこう、この世俗的な世界を欲の限り生きた。
情熱的に。
もうそれこそ、欲まみれ、みたいな感じです。
欲まみれで生きて、欲に溺れたっていうゾルバがいる。

欲まみれでいいんだけど、そのゾルバにブッダの資質を併せ持ったら。
きちんと内なる存在、自分とつながって、天と内なる神とつながってっていう、生きる側面があれば最強だという。


このOshoの話。
私これ、すごい大好きで。

今、私は、そのソースとつながりながら、欲まみれで生きるっていう。
そうすると、欲に溺れることはないですね。
何が一番大事かわかっているんで。


そして、Oshoが言及しているのが、ゾルバかブッダが選べって言われたら、ゾルバになれ、と。
ブッダは危険だ、と。
ブッダに振り切るのは危険だって。

私もそれを、やりそうになったんよ。
山で洞窟で「崇高さ」を求める、みたいな。

そっちに振り切ると、結局、世俗的な欲の方に振りきれなくなる。
楽しみがなくなるから。
3次元の。


ゾルバはいつでもブッダになれる。
でもブッダは、自分の崇高さに縛られて、ゾルバになることができない。

ブッダには、ディスコに行ってゾルバになり得ることができないっていうを、見解してるよね。

一番大事なのは自由だ、と。
自由が最高。
選べて自由で。
それ以上に大切で、貴重なものはない、
と。

めっちゃエンタメやってるやん、私。
ディスコとかって。
すごい格好で、サタデーナイトビクトリアとかやってましたよ。
ゾルバの極みですね。

だからね、ゾルバであり、ブッダでありたいって思ってます。
3次元を。
欲の限り生きて、そして、ソースとつながるブッダでありたい。

なのでこれからも、エンタメやって、服作って、化粧品立ち上げてっていう、ゾルバの側面をやります。
でも、そっちにばかりフォーカスして、ずーっと動き続けると、ブッダの側面を忘れてしまうから。

あくまで大事なのは、自分の内なるソースとの同調ですね。

目次
閉じる