【ハッピーちゃん】ベローンとリラックスしよう!宇宙が拡大し続ける幸せの流れ

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

心が苦しくなった時やつらい現実を変えたいと思った時に、スッと気持ちが楽になると思いますので、ぜひ読んでみてくださいね。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】ベローンとリラックスしよう!宇宙が拡大し続ける幸せの流れ

ウェルビーイングの私のイメージはこんな感じ。
ウェルビーイングっていう、大いなる宇宙の川の流れがあるわけですよ。

川の流れが私そのものだから、もう、リラックスして肩の力抜いて、ちょっと半分口開きながら半開きのまま、よだれ垂らしながらデレ〜、みたいな。
で、運んで行ってもらうっていうイメージだった。
私はね。
よろしく〜みたいな。
あと、龍の背中に乗ってるっていうイメージも近いかもね。

この、ウェルビーイングベローン、けっこう良くないです?
ワンシーンごとにさ、なかなかイメージつかないとかできないっていう人は、これはやりやすい気がするんやけど。
どうなんかな。

状況うまくいかせようとかって、これだと考えなくていい。
ただ、自分が本当にウェルビーイングの流れそのもので、その上に自分が乗っかって、口半開きでベローンってもう、運んでもらうっていうイメージだから。

何々をして良い気分になるっていう、ワンシーンとかそういう設定の仕方じゃないから。
しかも、これをやった瞬間、力が抜ける。

嫌な気分になった時に、その嫌な気分の出来事を良いふうに捉えようとか、そこからボルテックスに入ろうとかっていうのが、なかなか難しい時があるんだけど。

「嫌な気分になったらウェルビーイングベローンしよう」ってしたら、そのことについて考えなくてもよくなるし、いいよね。


今日そんなこと思ってたら、こんなね、イメージが湧いて。
個人的な私のですけど。

みんながね、なんか蓮の葉っぱの上に乗ってて、すごい大きなウェルビーイングの流れの中にいるの。
蓮の上にあぐらかいて乗ってるんよ、みんなで。
もう肩の力も、ぜーんぶの力が抜けてて、ベローンってみんながしててね。
どんぶらこ、どんぶらこ、みたいな。
「気持ちいいねぇ〜」みたいな感じで、みんなでウェルビーイングに乗ってるイメージ。

それで、ぱって横見たら、隣の蓮の葉に乗ってた人がいなくなってて、あれ?みたいな。
またあるタイミングでぱって見たら、戻ってきてたのね。

「どこ行ってたの?」みたいな。
「いや、ウェルビーイングから外れたら悪夢やったわ〜」みたいな。
「悪夢見てた」って言って。
なんかそんな、夢じゃないんだけど、起きてる時になんかこんな白昼夢みたいなものを見て。

ウェルビーイングとは、ソースそのものと同調しているときに感じる、宇宙の幸せな大きな川の流れみたいなもの。
乗っては外れて、外れては乗って
そして、どんぶらこと流れるみたいな。
人生って本当、こんなもんなんやろうな〜。

ウェルビーイングっていうのは、この宇宙を動かしている、誰も止められない大きな幸せの、なんて言うかな。
より良い方向に向かっていく、拡大していくっていう宇宙の流れですね。
自然の生命の流れみたいなもの。

別に私たちがネガティブになっている時も、その濁流は止められないんですよ。
より大きく拡大していく、宇宙のこの幸せの流れは止められない。
ネガティブになっている時も止められない。

これ、嬉しいとこですよね。
自分がネガティブになったところで、その幸せの濁流は止められない、みたいな。

だけど、感じることができないんですよね。
ネガティブにはまっている時は。

その幸せのウェルビーイングの流れを感じることができない。

ハッピーちゃんって、毎瞬ウェルビーイングに乗ってるの?

いや、別に乗ってないですよ。
普通に生きてます。

ずっと乗り続けてる人って、いないですよ。
地上で。
まだ自我が芽生えていない赤ちゃんは除いて。

ゆらゆら揺れながら、バランス取りません?
別にずっと止まってないですよね。
だから、蓮の葉の上から落ちて、そして乗っかってっていうこの流れ自体が、バランスを取ってるっていう。

恐怖とか焦りに飲まれたまま動くっていう状況が、これです。
前のめってバランス崩したまま、トントントントンそのまま進むから、どんどんバランスが崩れていく。

だから、その状態になった時は、一回深呼吸するとか、気分転換とか、寝るとか。
あんまりにもグーって前のめった時の一番の対処法は、寝ることですね。
眠ると本当に、一回りセットされるので。

目次
閉じる