MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【ハッピーちゃん】すべてに通じる型ハメ問題!自分の型は自分にしか分からない

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

HAPPYさんは、2014年からエイブラハムの引き寄せの法則を自らの人生で実験し、自分を生きることの大切さを伝え続けています。

壮絶な生い立ちやいじめられた経験などで自分に自信のない状態から、どうやって満たされた人生に変わっていったのか、詳しく具体的にシェアしてくれています。

出版されている本を読むと、さらに具体的な実践方法を知ることができますよ!

今回は、2020年1月19日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】すべてに通じる型ハメ問題!自分の型は自分にしか分からない

パールちゃんは船長(夫)とセットで活動、発信したりしているんですね。
周りを見渡すと今、私(HAPPYちゃん)とかアイキンとか、けっこう一人でやってる人が多いんよね。
それについて、悩んでたんよね?

パールちゃん

そう。いつも自分が旦那とセットで動いてるから、旦那に依存しているのかなって。
成功してる周りの人たちはみんな、自分でしっかりと一人で立ってやってるイメージがあって。
その型にハマってない自分っていうのが、なんかイマイチしっくり来てなくて。

夫婦だけど、一人ひとりが独立しているのが正解の型だって思ってたんよね。
だから、その型に合わせる自分にならなきゃいけないから、別居婚とかして別々でやらないといけないって考えてたんよね。

要は、自分たちのやり方はうまくいってないっていうことなのかなって思ってたわけやね。
たまたま自分の世界に例がなかったから。
目につくところに。
それが今回、見つけたんよね?

パールちゃん

いつも自分ばっかり買い物してるなって思ってて。
でも、「俺は勝手に好きなものを買ってるから、気にしなくていいよ」って言われてて。
こんな幸せでいいのかなっていう気持ちが湧いて。

このケースで言うと、自分が好きな服を買って着ているていうのが、型になっちゃってるわけね。
わかります?
これはパールちゃんの型だからパールちゃんの型でいいんよ。

でもこれは、自分の型に他人が当てはまってないことに対して、自分がそれが幸せの型だからって、他人にもそれを当てはめようとしてるパターン。
さっきの逆パターンですね。

誰かの型にハマろうとするか、自分がやっていて幸せだから、それが型だと思い込んで人に提供していくパターンもある。

でもパールちゃんの型は、船長(夫)にとったら「俺はジャージでいいんじゃい」っていう話なんよ。
「買いたいもんは買っとるわい」っていう。


パールちゃんは自分の着たいものを着て、綺麗なお洋服を着るのが自分の幸せの型だから、それをやった方が船長(夫)も幸せだと思い込んでそうなったね。
型違い。

パールちゃん

はっ!て気づいたのが、私女優だって思ったのね。
これがホント図々しいんだけど。
映画監督と女優の関係性で、結婚するパターンってあるじゃないですか。
そのイメージが急にきて。
要は、旦那は私を素材にして作り上げていく作業が楽しいから、旦那はそれが幸せなんだっていうのを、気づいてなかった。
それがわかった時に、なんて素敵な夫婦なんだろうって思って。

幸せな人ですね。

パールちゃん

ちょっとあまりにも図々しくて、この話は自分の中に収めておこうと思ったんだけど。

みんなにバレてるから大丈夫。
このケースだと、周りの人が悩むんですよね。

映画監督と女優さんみたいな、セットのパートナーシップの夫婦の発信者がいっぱいいた場合って、それに当てはまってない私とかが、「型がない」って悩みだす。

このケースだったら、パールちゃんは悩んでないんですよ。
「これは正解だよね」って堂々といる。
分母が多いから。

自分の世界に、そういうパートナーシップの発信の仕方をしてる人がいなかったもんだから、発信する上でのパートナーシップっていうやり方に、どこかに正解があるからその型にはめないといけないって思ってたんよね。

自分が自分の型であるっていう意味というのは、そういうことなんですよ。
事例を探さなくていい。


基本的に数が多いものに目がつきやすいんですよね、人って。
あと、目立ってるもの。
それに型をはめやすい傾向があることも、覚えておいた方がいいですよ。

例えばだけど、今はもうないけどさ、昔は言われたね、やっぱり。
私がイベントをさ、エンターテイメントが好きでやってて、こういう発信してて目立つわけじゃん。

そうすると、「自分もなんかイベント主催しないと!」みたいな。
いや、あなた全然エンターテインメント好きじゃないでしょ、みたいな人がこの型を見て、それをやることが正解みたいに合わせ始める。

それが本当に好きな人はね、データをもらって良いように活用するんだけど。
今回みたいに無理な型ハメをしていくと、マジでキツくなるから。
本当に自分ちゃんと聞きながら、進んでもらいたいなって。

私も実際、この件に関してちょっとだけ悩んだことがあって。

パールちゃんと船長(夫)とは、私は違うパターン。
パールちゃんと船長(夫)は二人じゃん。
アイキンのところも夫のしんちゃんが出てきてるよね。
別にブログとかは書いてないけど、インスタライブとかに出てくる。

私の夫の前ぴょんは、完全にクローズなんよね。
「あれ?パートナーシップって?」みたいな。
前ぴょんも発信しなきゃいけないんじゃないかって思ったことが、一瞬だけあって。

それは何でかっていうと、周りのものを見てそれの方が数が多いし、それが幸せの形ってはめようとして。
おい、おかしいやろ!みたいな。


人のもののクッキーの型に自分が合ってないのに、はめにいこうとする作業を、本当にやめるっていう。
自分のクッキーの型をガツンて前に出してしまうと、それが人がよく言う「憧れる」っていう型になっちゃうんよ、勝手に。

人のクッキーの型にはめてても、自分が苦しくなって見失うだけだから。
自分のクッキーの型っていうのを、自分だけで作る。
オリジナルですね。

私はその点に関して本当色々あったけど、一番初めに思ったのがね。
スピリチュアルの、心のことをやってる人って、けっこう良い大学を出てる人が多いんよ。

それを思ったときに、私の場合は、型すらもう変えられないくらい局地的だったから、この件に関しては。
諦めがスパってついて。
「家出少女の物語」が面白いなって思って、それを自分の型にしたんよね。

そしたら面白いもんで、今度はこの型が目立ち始めた。
今まで私はさ、人の型を見て「はまりた〜い、てか、もうはまろうと思っても無理なんだけど」ってやってたのに、逆転現象が起きて。

私が「家出少女の物語の型でいきます」ってやったら何が起きたかっていうと、「私は裕福な家に生まれてしまった…」っていう人が出てきたんよ。
「ちゃんと大学も出て両親もいて、愛されて育って、ハッピーちゃんみたいに紆余曲折がない」とか言って。
面白いでしょ?!

肩ハメって信者だから。
その好きな人の型を見て、「あ、そういう型ね」みたいな。
「じゃあ、自分の型ってどういう風かな」ってやるのが、ファンだからね。

私の存在を見て、「この型素敵だな」って思ってくれたところまでは良くて。
「いいじゃ〜ん、その型」みたいな感じだったのが、「よっしゃ〜、私もその型にはめていこう!」ってなった瞬間に、信者になって痛い目みて、そして離れたっていう。

自分で形を作っていくっていう、型をとっていくっていうのが、ハッピー理論だからね。
自分で決めるって、型ハメ問題はなくなるよね。


今ね、取り組んでるこのことって、すごく新しいやり方だなと思ってて。
私もこんな風に展開するって思ってなかったし。
やる前は。

もう、「とにかくソース」みたいな。
毎日瞑想してたら、だんだん変わってきたでしょ?

多分、もちろん嫌な気分になるし、落ち込むし、凹んだりすることもたくさんあるとは思うんですけど。
どこに戻ればいいかぐらいは何となく奥底にあるし、嫌な情報を見てももう戻る場所はどこかとか、基盤はきっともうできたはずなんですよ。

是非とも、作り上げるという、共に。全員で。
だから、どこにも向かっていません。
言ったように、辿り着く場所はないんですよ。

存在との調和が目的ではあるんですけど、何かを達成するとか、そういうことはあまり考えてなくて。
朝晩、ソース、ソース、ソース。
もう、大丈夫だと思いますよ。

目次
閉じる