MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【ハッピーちゃん】飽きがきてるのに無理して続けていませんか?何もしないから得られた恩恵

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

HAPPYさんは、2014年からエイブラハムの引き寄せの法則を自らの人生で実験し、自分を生きることの大切さを伝え続けています。

壮絶な生い立ちやいじめられた経験などで自分に自信のない状態から、どうやって満たされた人生に変わっていったのか、詳しく具体的にシェアしてくれています。

出版されている本を読むと、さらに具体的な実践方法を知ることができますよ!

今回は、2020年7月12日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】飽きがきてるのに無理して続けていませんか?何もしないから得られた恩恵

私は拗ねてたなっていうのがね、本当に分かったんですよ。
その時は、全然気付いてなかったんですけど。

スネキンマンだったんです。
エゴキンマンじゃなくて、スネキンマンだったんですよ、私。

理論とかこういうのを研究して発表するのが、ものすごい好きなんですよね。
ものすごい好きなの。

ものすごい好きだから、朝晩2時間とかでもずっと喋れるんですよ。
自分が研究してきた、内容とかについてね。

そのぐらい情熱があるのにも関わらず、封印してたんですよ。
ワークショップももうやめて、こういう理論とかも「喋りません」ってなって、数年経ってたんですよね。

何でやめたかって言うと、返しがさ、「で、お金ってどうやって引き寄せたらいんですか?」とか、そういうことを言われることに本当に嫌気がさしてて。

いやいやいや、物もお金もついてくるし、いくらだって生み出せるんだけど。
「私、発信したいことはそっちじゃないんだけど」みたいな。

そこをすっ飛ばして「とにかくお金の引き寄せ方を教えてください」とか、そういうことを言われるのが本当に嫌だったの。
嫌になってたから、「もう喋るのやめよう」ってなってた。

「もういいや、分かってもらえないんだ」みたいな。
「私のこのマニアックな趣味に、みんな興味がないんだな」と思ったの。

「物質的なもののもっと先にある真ん中のことって、あんまり興味ないんだ」って、なっちゃってた。
「見えるものが欲しいから、それのことを教えろ」って言われても、「私がやりたいのは、そこじゃないんだよな」ってなって。

でもだったらエンタメっていうのは、例えばステージを作ってあげたりとか、今までお洒落してなかった人に洋服を着てもらったりすると、分かりやすく魂の開放が起きるから。
音楽とかね。

何か頭に入れるものじゃなくても、そういうエンタメでキャッチーな感じでやっていった方がいいんだなってなったの。
それで十分、その人の輝きとか解放っていうのは起きるから。

まあ私も、エンタメが好きだしね。
だから封印してたって気づいてなかった、これ。

私、自分がスネキンマンになってることに気づいてなかったんですよ。
だから「もう飽きたから喋らない」みたいになってたんだけど。

全然飽きてなかったんだよね。
それに、自分自身が気づけてなくて。


あの時はそういう研究とか理論とかを喋るのをやめて、エンタメ、エンタメ、エンタメで、あのままずっと行くと思ってたの。
でもそれが、SNSをスパッとやめたことにより復活したんですよ、自分の中から。

それでHTL(ハッピーちゃんのコミュニティ)を立ち上げてみたら、「ちょっと待って、やっぱりめちゃくちゃ好きやん」みたいな。
「むしろやっぱり、一番好きやん」みたいな。

こんなに情熱があったのに数年喋ってなかったんだっていうことが、分かったわけですよ。
これは、SNSをあのタイミングで全部やめさせてもらえなかったら、気づけなかったなって思った。

だから数年分の自分の中の情熱を巻き返すかのように、こういうことについて喋り続けてるんですよね。

そこに気付かせるための、終了だったのね。

そうなんですよ。
結構これが、一番大きかったんだと思う。

未来のインスピレーションの中で1回そこで止まらなきゃいけなかったのは、自分の中でこのスネキンマンに気づいてなかったっていうのが問題だったね。

今一番私、健康的なんだよね。
エンタメも好きだし、情熱のある研究とか理論とかもできてる。

すごいどっちもバランスよくできてて、もう最高な状態なんですよ。

インスピレーションが来てたわけじゃない?
「SNSを手放せ」って。

あの最初のインスピレーションって、無視してもいいレベルなんですよね。
痛みがないっていうか。

でもあのままずっとエンタメに振り切ってたら何が起きてたかっていうと、結局エンタメっていうものにも飽きが出始めるはずなの。

例えば人が集まらなくて、自分がワクワクできなくなるとか。
いろんなことが起き初めて「理論もべつ喋りたいわけじゃないのに」みたいに、ちょっと迷走してた可能性が非常に高いですね。

何の痛みもなかった。
不安と恐れはあったけど。
ガツッて頭を殴られるような、そういう大きなカルチャーショックな出来事はなかったんですよ。

かなり第1段階の声を聞いて、動いたから。
だからもし自分が今やってることで飽きが来てるんだったら、もっと前に第1インスピレーションが来てたはずなんですよ。

それを無視すると、第2段階で飽きるとか、もっと先に行くとそれをやるのが辛いとか。
第3段階、第4段階のフェーズに入っていくんだけど。

もし今そのタイミングの人がいたら、もしかしたら私みたいに深いところに何かが引っかかってる可能性もありますね。


5年間、ブログを始めてから経ってたんですよね。
2019年の7月に、ブログをやめたんですけど。

2014年から私は、ハッピーちゃんをやってるんで。
5年間、ある意味ずっと走ってたんですよね、SNSを発信して。

でも休みたいと思ったこともないし、嫌になったこともないんで。
毎日更新とかはしてなかったけど、まあ5年間コンスタントにずっと発信してたと思うんですね。

それがさ、全部バンッて消したことで、5ヶ月間何も更新しなかったわけですよね。
誰かに向けて何かを発信するっていうことをしなかったんですよ、5ヶ月間。

そんな小休止みたいなのを人生に入れられたお陰で、もっと気が楽になったっていうか。
もともと休むことに抵抗はあんまりなかったんだけど、5ヶ月もSNSをやめてるからさ。

2週間何も発信しないとか、それまではそんなことをしたことがなかったんだけど。
5ヶ月間も何にも触れてない期間があって、それに慣れちゃってるからさ。

2週間、3週間とか、どこにも何も発信しないっていう休み方も、自分の中のスタンダードになったんですよ。

この2週間とかって、過去の昼ドラとか漫画とかをただ読んで、見て、ポテチ食べて、変な時間帯に起きて、寝るみたいな、クズみたいな生活をずっと続けてたんですけど。

それに罪悪感もなければ、「ちょっと発信しなきゃ」とかっていうのも浮かばなくなったんですよ。
これ本当に、80歳90歳になってもこのスタイルでやっていけるなって思ったの。
気が楽すぎて。


ずっとコンスタントにSNSを発信してるっていう状態だと、もしかしたら80歳とかまでは私きつくなるかもしれない。
息が切れちゃうかもしれない。

5ヶ月休むとか、そういうバランスが自分の中で芽生えたら、「これは80歳でも90歳でもやっていけるリズムだな」と思った。
だから、SNSをやめたことでの恩恵がすごかったですね。

まあ数十万人のフォロワーさんがいなくなったっていう、デメリットはありましたけど。
すごくすごく自分にとって、大きな大きな世界と意識が広がるきっかけだったなっていう。

目次