MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【ハッピーちゃん】エゴキンマンがいなくなる、ソースと繋がる質問!本当の本当はどうしたい?

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

HAPPYさんは、2014年からエイブラハムの引き寄せの法則を自らの人生で実験し、自分を生きることの大切さを伝え続けています。

壮絶な生い立ちやいじめられた経験などで自分に自信のない状態から、どうやって満たされた人生に変わっていったのか、詳しく具体的にシェアしてくれています。

出版されている本を読むと、さらに具体的な実践方法を知ることができますよ!

今回は、2020年5月12日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】エゴキンマンがいなくなる、ソースと繋がる質問!本当の本当はどうしたい?

1個思いついたことがあって。
これ、やってみてほしいんですよね。

1日やってみたら、すごい成果が出そうな気がするんだよね。

まず行動と自分の感情とか気持ちを、2つに分けてほしくて。
行動と自分の感情、気持ち。

アクションと見えない自分の内面のことが、2つあるわけよね。
ジャンルが2つあって。

行動部分の時、アクションを今からしようっていう時に、絶対どっちのジャンルにしろ、1回必ず自分に対して質問を挟んでほしくて。

まず、行動に移す時。
べつに何も葛藤がなく動く時は、問題ないんだけど。

例えば「あ、ここでこの言葉言っといた方が、波風立たないな」とか、そういう時あったりするじゃん。
「あぁ、ここは私が晩御飯作っといたほうがいいな」みたいな。

そういうので動く時って、やっぱりモヤモヤしたりとか違和感を感じてるわけですよ、自分で。
だから違和感とかモヤモヤしながら動いてる、その時。

行動を起こす前に必ず「今この瞬間何も気にしないんだったら、どうしたい?」って聞いてほしいんです。
「今この瞬間、本当に何も気にしなかったんだったらどうしたい?」

「何も人目とか気にしなくていいんだったら、今、旦那のご飯なんて作りたくない」とか。
それを実際に行動に移すかどうかは、自分でその時に選択するんだけど。

質問を挟んでほしいんです。

この質問の内容はいつも「今この瞬間、何も気にしないんだったらどうしたい?」って。
「今この瞬間、何も気にしないんだったらどうしたい?」ってやっていく。

常に常に本気で「気にしなかったらこうしたい」「気にしなかったらこうしたい」ってどんどんどんどん湧き上がらせていくと、自分のことがすごい分かるんよね。

聞くだけ。
質問して聞くだけ。


それで、自分でちゃんと解答する。
「気にしないんだったら、ここで私はご飯作んないな」とか。

「でもあまりにも喧嘩になりそうで、アクションするのが怖すぎる」
「だから私は今から夕飯を作るっていう、選択をする」とか。

べつにそれに従わなくてもいいわけですよ。
ただ質問して「本当は私、こう思ってるんだな」っていうのを常に聞いてあげる。

これを癖づける。
「マジで今この瞬間、何にも気にしなかったらどうしたい?」っていうのを自分に聞いてあげる。

そうするとこれ、すごく結果出そう。
気を使って人の目を気にして立ち回ろうとするその瞬間って、だいたいいつも変な感じがしてない?

「なんかちょっと嫌だな」とか、モヤモヤしたりとか。
「なんか面倒くさいな」「ここで波風立たせるのは面倒くさいから、やろうかな」みたいな。

いつもそうやって、自動大人スイッチで。
人の目とか人とのイザコザが面倒くさいから、アクションしてしまってる。

そういう時に、自分に質問してあげる。
「今この瞬間、本気で何も気にしなくていいんだったら?」
「え、だったら私、このまま寝てたい」とか。

この質問が大事。
「私これ、やってるわ」と思って。

自分がやってることって質問されたら分かるんだけど、結構当たり前にやってたりするからシェアしづらかったりするんよね。
私これ、結構やってる。

「本気で気にしないんだったら、やらないな」とか。
「本気で気にしないんだったら、やるな」とか。

その時に行動で、自分の望みをべつに叶えなくてもいいわけですよ。
大事なのは「あ、本当の本当は作りたくないって思ってるんだ」とか「今この瞬間、起きたくないって思ってるんだ」とか。


その気持ちを、観察してあげてる行為。
質問して観察してあげる行為が、キリスト意識なんですよね。


「私が問いであり答えである」っていうのなんですよ。
「私が問いであり答えである」

これ、セットになってるよね、ちゃんと。
質問力が高いんですよね。

なんで質問力が高いかっていうと、自分に質問をしてるから、いつも。
質問して答え、質問して答えっていうのは「私が問いであり答えである」っていう、それこそキリスト意識。

なので、質問力が身についてる。
大事なのって、質問力なんですよね。

これが行動の部分。

もう1個の感情の部分が、例えば今怒ってて、気分の悪さを感じてると。

ここで気分転換をするのが、気分が良いのか。
それともこのまま怒ったままでいるのが、気分が良いのか。

好きなようにしていいよっていう。
自分の今の気持ちとか感情をいつも「正さなきゃ」みたいなのがある人は、それがものすごい気分が悪くなる第一要因なんですよね。

そんなのないわけですよ。
何を感じたって、何を思ったっていいわけだから。

慣れるまで質問してあげる。
自分に対して。


このまま怒ってた方が、今この瞬間は気分が良いのか。
それとも気分転換してグリッドを変えた方が、気分が良いのか。
どっちにする?って。

好きなようにしていいんですよ。
好きなようにしていいよっていう。

今この瞬間は罪悪感を感じて、自己否定をしたままでいた方が気が楽なのか。
それともお散歩とかして、気分転換した方がちょっと気分がほっとするのか。

好きなようにしていいよ、どっちにする?って聞いてあげる、自分に。
今はどっちがいい?みたいな。

それは同じ事象でも、毎回違った答えかもしれないです。
ある時は気分転換するのは難しいから、罪悪感を感じたままでいるっていう答えかもしれないし。

ある時はもう嫌だから、今日は音楽を聞いて気分を変えたいっていう回答が出てくるかもしれないし。

どっちでも選べるよ。
どっちでも好きなようにしていいよ。


ぜひ、1日1日これだけやってみてくれないかな。
きっと、凄く気分が良いと思うんだよなぁ。

感情も気持ちも好きなようにしていいよ。
どっちでも選べるよ。

どっちでもいいんだよって。
本当に気にしないんだったら何がいいの?って。

答えるだけ答えてみてよって。
気持ちを聞いてくれたら、めっちゃ気分良くない?

私はこの状態だから、結構気分が良いんだよね。
いつも機嫌が良いんだよ。

私、最高の親友ですよ、自分が。
本当に。
最高に優しいもん。


本音をキャッチしたら、絶対行動に移さなきゃいけないなんてルールもないわけですから。
聞くだけ聞いて、そう思ってるけど、じゃあ実際どういうアクションする?選べるよ?好きなようにしていいよって。

これを何回も続けていって毎回本音をキャッチできてたら、自分に寄り添う優しい意識でソースの時間が長くなるから。
エゴキンマンが少なくなるんですよ、自動的に。


そうすると恐れが少なくなるから、アクションしやすくなると思う。

1回目に質問した時はめちゃくちゃ怖すぎて絶対無理だったことが、何回も何回もそうやって親友が寄り添って聞いてくれて、どっちでもいいよ、選んでいいよって。

そっかじゃあこっちにする?今日はこっちにする?今日も怖いからこっちにする?ってやってたらパワフルになってきちゃって、エゴキンマンも少なくなってきたから4回目ぐらいには、あれ?今日はちょっと断ってみようとか。

そういう風になってくるはずですね。
内面的なものが。

その感情にそのまま浸る方が、今は気分が楽なのか。
それとも今は気分転換した方が、自分の気分が楽になるのか。

今はどうする?どっちがいい?っていう聞き方。
どっちが気が楽になる?っていう聞き方ですね。

今まではたぶん、罪悪感は感じちゃダメとか自己否定はダメとか。
だから正さなきゃ、みたいなやり方をしてる人が多いと思うんですよね。

そうじゃなくて、どっちの方が今気が楽?って聞いてあげるの。

怒りの中にいた方が、気が楽かもしれないし。
ある時はあまりにも怒り過ぎて疲れちゃったから甘いものが食べたいっていう、そういう気分転換の気が楽を選ぶときもあるかもしれないし。

その時の自分の、身体的なコンディションによっても変わってくると思う。

正そう正そうから、抜け出したいんですよ。
もう、どっちでもいいよって。

後悔し続けるっていう今この瞬間も愛しいし、あんまり気分が悪いんだったら気分転換をして気が楽になることをすることもいいよね。
どっちでもいいよねっていう。

私が問いであり私が答えである。
みんなそれぞれ、私が問いであり私が答えである。

しかも今この瞬間は、みんな無限に違うから。
どこかの理想のものにはめ込んではめ込んで正そう正そうって毎回やってたら、気分がいつまで経ってもあんまり良くならないから。

だから後悔をしたい時は、今この瞬間後悔をするっていう。
もう、どっぷり後悔みたいな。

もう今はしょうがないよ、みたいな。
どう考えたって気分上げられないから、みたいな。

もうこっちを選ぼう、今この瞬間そっちの方が気が楽でしょ、後悔しようよ、みたいな。
どっちが自分が今、気が楽になる?っていう質問。

こんな感じで、24時間いてくださいよ。
基本的に気が楽だから。

結局、気が楽=ボルテックスの中でしょ。
気が楽って、ほっとしてる状態だから。

だから結果、気分が良いんですよね。
本当に自分に寄り添う優しい意識が、ソースの視点っていうのが分かったので。

私は昔、スピリチュアルの概念で生きてた時は、正そう直そうばっかりやってたんだよね。
感謝できてないかどうか、みたいな。

感謝できてる自分かどうか照らし合わせて、正しいかどうか、みたいなことをやってて。
何も変わらなくて。

じゃあべつに感謝をしたい時にしたらいいし、できてない時に正そうとかってしなくて良かったんだ、みたいな。
その考えは気が楽にならないって思ったら、やめようと思った。

人から見たら間違いかもしれない行動も、私の道だから。
私は私の道を行く、
みたいな。
そういう信念が生まれた。

良くなろうとか楽しくあろうとかすればするほど、自分の歩いてる人生の道のりすら合ってるのか間違ってるのか、みたいになって。
自分の性格すら、合ってるのか間違ってるのかみたいになってきちゃうのよね。

それ、優しくないね。
どこかに模範と見本がいるからそれに合わせなきゃいけないって思ってるが故に、他人のことが100点に見えちゃうんですよ。

でもそもそもいつだって自分が選んだもの、気が楽になる方を選択し続けていたら、他人の100点だし自分も100点だし、みたいな。
お互い違うよね、みたいな。

本当にないのよ、正解なんて。
その瞬間、何が自分にとって気が楽になるものかなんて、その人じゃないと分からない。

聞いてあげて、聞いてあげて。
本当に聞いてあげて。

聞いてあげたら、全部解決していく。
どっちでもいいよ、どっちも選べるよ。

どっちが気が楽になる?
気が楽になる方法を選択できなくても、それでもいいよ。

今この瞬間何にも気にしないんだったら、人の目を気にしないんだったら、本当はどれがいい?
本当はどうしたい?

本当はこうしたい。
でもじゃあ、その行動今できる?できない?どうする?

めちゃくちゃ怖いから、今はできない。
じゃあ今日は、その行動はやめとこう。

今自分の意見を、本当だったらきちんとここで言いたいんだけど、言えない。
でも本当は自分が思ってる、この気持ちを伝えたい。

でも今それをやる?やらない?どっちでもいいよ。
どっちでも選べるよ。
もしできなくても、また次のチャンスがあるんだから。

何でもありですね。
どういう選択肢も出てきますね、無限に。

今例え話で、色々出してるけど。
いっぱいあると思う。

もう無限に、選択肢が生まれてくると思う。
その時それを選べばいい、自分が。

目次
閉じる