MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【ハッピーちゃん】頭の中が自由なら行動も自由!制限の檻から出るために望む

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

HAPPYさんは、2014年からエイブラハムの引き寄せの法則を自らの人生で実験し、自分を生きることの大切さを伝え続けています。

壮絶な生い立ちやいじめられた経験などで自分に自信のない状態から、どうやって満たされた人生に変わっていったのか、詳しく具体的にシェアしてくれています。

出版されている本を読むと、さらに具体的な実践方法を知ることができますよ!

今回は、2020年2月4日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】頭の中が自由なら行動も自由!制限の檻から出るために望む

今日も、私のブログを読んでいきたいと思います。

ウミガメが教えてくれたこと

便利なものがこの世に登場すると、一気に世界が広がりを見せる。
ここ何十年で彗星のごとく現れ、地球人の文化となったSNSというツールはまさにそうだと思う。
どこにいても簡単に情報を受け取れるし、逆に情報を発信すれば、世界の裏側の人が私の存在を知ってくれるきっかけにもなる。
実際自分自身がSNSというツールを使い、思いっきり世界を広げてきた。
便利で役に立つもので自分の一部になり得ているものは、今度失う怖さが出てくる。
それがなくなったらどうする?
特にそれが時代の主流だった場合、集合意識全体がそう観測しているから、その概念から抜け出すのが余計に難しい。
SNSがなくちゃ、新しいことができない。
ここ最近、ずっと課題だった。
ハッピーちゃんの影響力を使わずに、新しい創造をしたい。
実はこの望みを、1年前からうっすらキャッチしていたんだ。
でもね、その望みに対してずっと「そんなの無理だよ」の抵抗が取れなかったの。
ここ最近もずっと、それを考えてた。
「SNSを使わずに展開を始める」
望むたびに、否定の声が入る。
エゴキンマンですね。
それを和らげることにフォーカスをしていたら、ようやく「いけるかも」までエネルギーを変えることができた。
ここまで来たら、こっちのもの。
現実世界での証拠が集まり始める。
バシャールかエイブラハムの言葉を思い出した。
「創造主は光を放つから、みんなから勝手に見つけられるし惹きつけられる」
そうだ、そうだよ。
すごくこの言葉にほっとしたから、これは私にとっての真実。
うん、そういう存在でいたい。
今日、この件についてのトドメの出来事が起きた。
ウミガメに遭遇したの。
ハワイの人混みの多いビーチ。
滅多に見れないらしい。
海に入ってすぐ、みんなの歓声が湧いたからそっちに向かうと、優雅に泳いでいた。
大きくて存在感があって、美しかった。
そういえば2日前のマナロードで、超感動したことも思い出して。
海外での体験でダントツ1番。
バギー時速100キロで山道を走る。
幸せと感動でクラクラして、あんなの初めてだった。
そこで、野生の馬を見たの。
野生の馬って初めてで、美しすぎてぼーっとずっと見惚れてしまって。
普通は入れないマナロード。
さらに野生の馬の群れに遭遇できたのも、偶然でラッキーだった。
ウミガメも野生の馬も、創造主のソースエネルギーそのもので大自然の中で君臨していた。
凛としてかっこよく、この世のものとは思えない。
思わず見つけると、歓声を上げてしまう。
嬉しくて、体温がぐっと上がる。
あぁ、これだ。
彼らは存在で、私にメッセージをくれた。
「こうありなさい」と。
何のツールも使わず、彼らはそのエネルギーで惹きつける。
そして、人の目を一瞬にして奪っていく。
ガツンとこのメッセージが腑に落ちたところで、「SNSがなくちゃ新しいことができない」という呪いからもようやく解放された。
概念が手放せたので、実際この後の展開はどうなるか分からないけど。
「SNSがなくちゃいけない」という概念を持ったまま創造を始めるのと、「べつにどんなやり方でもエネルギーで超えていける」という概念のもとSNSを使って創造をスタートするのでは、前提が違うから大きく現実は変わってくる。
「SNSがなくちゃ、新しいことができない」
この私の中の意識の縛りが「自由になりたい!自由になりたい!」ってことで、「ハッピーちゃんの影響力を使わずに創造したい」という望みになっていたんだと思う。
馬とウミガメのお陰で自分の存在状態の望みも明確にできたし、何のツールを使おうが使うまいが何にも関係ないってなれたので、この後のインスピレーションに任せて動きを取っていこうと思う。
今回の私みたいなケース。
意識は自由になりたがってるの。
制限のない自由が、本来の正位置だから。
その制限を外すために、その望みが湧く。
面白いよね。

「世界は自分で創る」のブログを手放したのも、やっぱりあの時、ブログが私そのものになり得ちゃっていて。
もちろん、大事なまま進んでもいいんだけど。


自分の中に制限が入ると、制限を取るために望みが湧いたりするんですよね。
「SNSっていうものがなければ、全てが終わってしまう」っていうのを、いつの間にか抱えてたんだろうね。

だからブログを手放したりとか、1回全部アカウントを消したりとかっていうことをしたんだろうなって思ってるんですけど。

結局、何もなくなっても大丈夫だったわけですよ。
しかもどんどんパワーアップ、バージョンアップしてて。


何なら、どんどん楽しくなるんだけど。
何なんこれ?っていう。

結局今実際アパレルも化粧品とかも、新しい創造の0から1のスタートの第一段階では、SNSとかハッピーちゃんっていうのを使わずに始めたけど。

でもここから販売ってなった時には、SNSでやるんですよね。
この制限を外すために、「SNSを使わずにやりたい」って思ってたわけ。

外れたら実際、どっちでもよくなるんですよ。
だからここね、すごいみんなトラップに陥りそうだから言及しておくと。

意識の中の制限だけ、外れればいいんよ。
そしたら結局、リラックスしてできるわけじゃないですか。

「べつにこれがあってもなくても、どうにだってやっていける」って思ったら、すごいリラックスできるでしょ?

でも最初の望みが「SNSを使わずにやりたい」って思ったから、それにまたしがみついてやり始めたりするんよ。
人って、謎に。

だから「それとこれと、リンクさせないといけない」って思ってたり。
これ、勘違いが起きそうでしょ?

「あってもなくても大丈夫でしょ」っていうその意識状態になるために、「SNSを使わずにやりたい」っていう望みだったわけよ。
「実際に行動でSNSを使わない」っていうのを、望みとリンクさせないといけないっていうことはないわけですよね。

これ、すっごい大事。
テストに出ます。

すごい分かりやすい行動を取ってくれたのが、樺澤愛さんなんですけども。
あの人なんてさ、去年の10月に「ブログをやめます」って言って、決めたわけよ。

清水寺に一緒に遊びに行って、「私もう、ブログ書くのやめる」って。
それで「さよならブログパーティ」とかやったのに、普通に今ブログ書いてるから。

あれは結局、これと全く一緒のことです。

あの人の中で、あの当時「ブログを書かなきゃ」っていう制限が、意識の中で檻みたいになってたから。
外したいがために、「ブログやめたい」ってなってた。

それで、肩の荷が下りたわけですよ。
「もうやめた」って頭の中でなっちゃったら、逆に書きたくなっちゃったっていう。

書いてるんですよ、今。
「え、あのパーティなんやったん?」みたいな。

「さよならの向こう側」とか、あの人百恵ちゃんまで歌ってたよ。
めっちゃウケるねんけど。

だから、自分の檻が苦しめてるんですよ。
自分のことを。


「それから出たい」っていう望みが出てる。
でも出ちゃったら、逆にその行動をしたくなったりするもんなんですよね。

「きつくなったらやめよ」って、逃げ場所をちゃんと作ってる。
絶対、意識の制限の檻に自分を入れずに来たから、こんなにすこぶる元気に走ってるわけよ。

意識の中では、「いつやめてもいい」っていう意識でいるわけよね。
でも実際、その動きが連動してないじゃん。

毎日配信もしてるやん。
おかしいでしょ?

だから連動しないんですよね、大概。
しゃかりきに「絶対やろう」って、頭の中が思ってるから、「行動もそうしよう」ってリンクさせなくていい。

頭の中に私はすっごい逃げ場所を作ってるから、逆にめっちゃ動けちゃうっていう。

「言ったら守らないと」って、縛ってしまいますよね。

お気をつけあれ。
これ、テスト出ます。

嫌がってるんですよ、意識が。
「もう本当の場所に戻りたい」「自由になりたい!自由になりたい!」って。


意識の檻を外すために、具体的な望みが湧いてるんですよね。
でも実際に意識の制限が外れちゃったら、その行動をやるかやらないのかっていうのは、その望みと連動しなくなってきたりする。

目次
閉じる