MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【ハッピーちゃん】他人と仲良くする前に、過去や未来の自分と仲良くしよう

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

HAPPYさんは、2014年からエイブラハムの引き寄せの法則を自らの人生で実験し、自分を生きることの大切さを伝え続けています。

壮絶な生い立ちやいじめられた経験などで自分に自信のない状態から、どうやって満たされた人生に変わっていったのか、詳しく具体的にシェアしてくれています。

出版されている本を読むと、さらに具体的な実践方法を知ることができますよ!

今回は、2020年2月4日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】他人と仲良くする前に、過去や未来の自分と仲良くしよう

私のブログの内容を、読んでいきたいと思います。

この内容は、かなり大事かもしれないです。
テスト出るよっていう内容かもね。

絶対に大丈夫

未来の次元に存在する私との対話を進める時、当たり前に、過去の次元に存在する私にも思いを馳せる。
1分前の私は、いなくなったわけじゃない。
この世に生を受けた瞬間の私も、いなくなったわけじゃない。
同時に今、違う次元に確かに存在している。
体験してるフィルムを移動しているだけで、地球には時間という概念があるが故に、そこに自分が認識できなくなっただけだ。
未来の私にアクセスし、エールをよく貰うことがあるが、過去の私が現在の私にエールを求めているとしたら、自分は何て声をかけるだろうか。
特に2016年から2017年にかけて、個人的にとても大きな痛みを感じた時期があった。
そう、すごく大変なことが起きたのだ。
それは、ある人との関わりの中で起きたこと。
ショックで、悲しくて、痛かった。
でもその出会いは、人生を一変させたと言っても過言じゃない。
長らく自分の奥底で、たぶん人生で一番私が恐れを抱いていた、神という存在に対する恐れを手放すきっかけを作ってくれた。
その後私は、本当にパワフルになった。
自分の真ん中に、大きな柱を感じれるように。
全部全部、その人のおかげ。
でもさ、その問題の渦中にいる時、苦しくて苦しくて。
何でこんなことが起きたんだ!と、叫びたくなるもんだよね。
「出会わなきゃよかった」なんてことまで、思ってしまう。
さあ、じゃあ2019年現在の私は、苦しみの渦中にいる2016年のあの時の私に、なんて声をかけるだろうか。
「あんた、この後めっちゃ良くなるで」
「むしろ、その人に感謝した方がいいわ」
「大きな転換点やで」
ちなみに2019年の私は、その体験をしてくれてる2016年のあなたに、死ぬほど感謝してる。
出会わなきゃよかった?
何を寝ぼけたことを。
未来の私は、絶対に絶対にその人に出会うように仕向けるね。
その人がいなきゃ、物語が展開しなかったんだもの。
全てが見える見晴らしのいい場所に立つ現在の私は、過去の私にこんな風にエールを送るだろう。
あ、未来に何が起きるかなんてことは、細かくは絶対に言わないね。
それを伝えてしまったら面白くないし、本人の気づきを奪うことになる。
しかも「そんな思いするなら」ってその視野の狭さだと、きっと全部を話したら、その体験からきっと予め逃げ出すだろう。
可愛い子には旅させろでしょ?
だから、2016年の過去の自分に話しかけるなら、シンプルにこれだけかな。
「絶対に大丈夫」
「良いようにしかならない」
「信じて」
そして全てがいつか感謝に変わるから、面白いね。
その立場になってみたら、よく分かる。
直感を信じるのが怖くて、大丈夫だという証拠が欲しくて、未来がどうなるのか知りたくて。
未来の私に対して「もっと具体的に色々教えてよ」と、よく思うんだけど。
自分がその立場に立ってみたら、全てを言わないってことが分かる。
そして過去の私にエールを送った、この言葉。
「絶対に大丈夫」
「いいようにしかならない」
「信じて」
そして全てが、いつか感謝に変わるから。
現在、未来の私から受け取ってる言葉と、変わらないわけです。
結局、そういうことなんだよ。
だからどの地点にいようとも、内なる神の声はいつだってこれだけ。
「絶対に大丈夫」っていう、存在と物語への信頼なんだよね。

そうなんですよ。
未来の自分と、交換日記をしたんです。


要は、すがってるわけじゃない?
未来の自分に、すがってたわけですよ。

だからその声をかけてほしかったから、ああやって未来の自分にアクセスしてチャネリングして書いてみたけど。

ってことは、過去の自分もまだいなくなったわけじゃなくて、他の次元に存在してて。
過去の自分だって、今の自分にきっとエールを求めてるんだろうなっていうことに気が付いて。

じゃあ「なんて声をかけるかな」って思ったんですよ。
2016年の私に「なんて声かけるかな」って思ったら。
やっぱり物事が何が起きるか具体的には言わないし、「大丈夫」しか言わないなと思った。

じゃあこの先の3年後の2023年の私も、2020年の3年前の私に何が物事起きるかなんて、未来のことをたぶん喋らなくて。
「絶対大丈夫」しか言わないな、と。

その立場になったら思いません?
言っちゃったら、やらないじゃん。
その出来事を避けるっていうか。

例えば、この内容に比べたらすごいライトな内容になっちゃうんだけど。
私がスタジオでレコーディングをしていた時に、感じた恐怖があって。

ソニー系列のでかいスタジオで、youtubeとかを撮ってるようなレコーディングの部屋で、エンジニアからディレクションから、プロのメンバーが集まって音程ズラしながら私が歌う、みたいな。

もう本当に、その瞬間は恐怖でしかないわけですよ。

そこで深呼吸して「目を覚まそう」と思って、今回初めて「あ、自分の型で歌っていいんだ」っていう許可が下りたわけなんですけど。

でももし予め、そんなに怖い状況に陥るんだって聞いてたら、私たぶんやらないもんね。
声かけないと思う。
「曲作ってください」って。

でも「未来のことをやっぱり知りたい」とかっていう欲求は、すごい強くない?
「教えてよ、全部」みたいな。
「とにかく何か、答えをください」みたいな。

不思議なもんですよね。
知ってたら絶対やらないで避けるのに、「未来のことは全部教えて」とかって。

だから過去と未来と、行き来するといいですよ。
自分っていう存在は、過去の次元にも未来の次元にも存在してるから。

他人と仲良くなるより、過去の自分とか未来の自分と仲良くなった方がいいと思う。

全部知りたいって、謎に思うよね。
でも実際、過去の自分に全部言うかっていったら、絶対言わないんよね。
不思議なもんですよね。

私が「48歳以上の人が、表現する場所を作っていきたい」って言ってるのは。
今まで私、過去の自分が欲しかったもの、ブログとかでは欲しかった言葉を書いてるわけですよ。

過去の自分が「こんな存在がいて欲しかった」って思うような。
過去の自分が一番欲しかった存在に、今私はなってるんですよ。


こういうハッピーちゃんみたいな人を、すごい求めてたんよ、過去に。
本当にこのパワーは一人ひとりにあるって目を覚ましてくれて、声をかけてくれるっていう存在が欲しかったんで。

過去の自分のニーズに応えるために、私は今やってるわけですね。

例えば、ニキビが酷かったから。
だから過去の自分を救いに行くために、私はシルク化粧品を出すわけですよね。

そう思ってたら、今までやってきたことは全部、過去の自分を癒すためにやってきたんだけど。
ふと今回未来の自分と交換日記を始めたことで、「やばい、未来が置き去りになってる」と思ったの。

過去の自分のニーズに応えるためばっかりやってて。
未来の自分のニーズに、応えに行ってないなっていう。
ハッと思って。

じゃあ自分が、今70歳とかだった場合。
70歳で体も動かなくてキツいっていう時に、もしハッピーちゃんという存在を見つけたとして。

その時は「イベントに行かないな」と思った。
「今の私じゃ、70歳の自分を救えない」と思ったんですよ。

だから、もっともっとそっちを考えていかなきゃな、と思ったの。

70歳とか65歳で、ハッピーちゃんを見つけて。
ハッピーちゃんがこの活動をしていて、文章とかすごい好きで「会いに行きたい」とか思っても、「いや、ちょっとハードルが高すぎるな」って思ったんですよ。

48歳っていうのは、ふと浮かんだ数字だったんだけど。
未来の自分と交換日記してたから、そうなったんだと思う。

だから私は過去の自分を助けてあげるためにやってるし、未来の自分を救いに行くためにやってるんですよ。

すごいでしょ?
他人がいない。

他人がいないんだけど、ここまで意識の中で自分をコネクトしてしまうと、世界で他人とか自分とかがなくなってくるんですよね。

だから病気とか年齢について、今研究してるのもそういうことです。
70歳になった時にって思ったら、そういうことをハッピーちゃんに発信しててほしいんだよね。

聞きたいもん。
70歳ですごく我慢して生きたままだったら、病気になってそうだから。

ハッピーちゃんに病気のこととか、例えば年齢とか老いのこととか。
その時の自分が悩んでるであろう内容について、すごい喋ってほしいし、希望を見せてほしい。

いや、今の状態だったら行きますよ?
これは未来の立ち上がってる自分ではなくて。

困ったまま迷いの中で、目が覚めていない未来の自分っていうのも存在してるわけですよ。
いろんな自分がいるから。


未来は1個じゃないからね。
無限に広がってて。


今回はこれだけ目が覚めちゃったんで、私は70歳までこのまま行っちゃうんですけど。
でも形が全然違う未来を歩んでいる私も、いるわけですよ。

そこの私は70歳になっても自分にパワーがあるなんて到底信じれなくて、我慢して生きてきたっていう。
そっちの未来の私を、救ってあげたいわけですね。

結局、自分なんですよね。
全部、自分に向けてのアプローチです。


でも自分のことを深く深く深くここまでやっていけば、深く深く深くその先は全部の他人と繋がった、大いなる場所に行っちゃうから。

結局ここまで自分のことをやっちゃうと、他人の気持ちだったりとか他人が求めているものを、その意識がなくても勝手にやり始めてるっていう現象が起きるんですよね。

だから言うんですよ。
他人のことなんて、ほんと分からないから。
「他人のことを分かろう」ってやっても、全然分からないから。


でも「自分のことを深く分かろう、分かろう」ってやってると、他人のことが自然に分かってくるのよ。
深いところは一緒だから。


外に向かっていくんじゃなくて、内の中にこもればこもるほどに、他人の求めてることをやっちゃうんですよね。

他人と仲良くなることも、大事かもしれませんが。
それ以上に、過去や未来や多次元にご自分がいっぱいいらっしゃるんで、どうぞお話をなさってください。

目次
閉じる