MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【ハッピーちゃん】毎瞬状態は変わる!今のコンディションに当てはまる情報を受け取ろう

HAPPYさんこと、竹腰紗智(前田紗智)さんがお話していた内容を文字起こししています。

HAPPYさんは、2014年からエイブラハムの引き寄せの法則を自らの人生で実験し、自分を生きることの大切さを伝え続けています。

壮絶な生い立ちやいじめられた経験などで自分に自信のない状態から、どうやって満たされた人生に変わっていったのか、詳しく具体的にシェアしてくれています。

出版されている本を読むと、さらに具体的な実践方法を知ることができますよ!

今回は、2020年10月24日のお話し内容です。

この記事の内容は、HAPPYさんの愛の計らいによって著作権フリーとなっているため、共有させて頂いております。

目次

【ハッピーちゃん】毎瞬状態は変わる!今のコンディションに当てはまる情報を受け取ろう

最初に、このカラクリを理解したので。

人の相談に乗った時には、内容自体じゃなくて、その人がその場所から一段階段を登れるように。
肩の荷を下ろせる、少しほっとできる場所を探してあげればいいんだ
って分かった。

結局、人にやってたことが、自分にもできるじゃない?
癖がついたんよ、他人にも自分にも。

「今の場所から少しでも肩の荷が下ろせるような考え方って、何なんだろう?」って。
自分のバージョンも他人の時も、ずっとそれをやり続けたの。

肩の荷を下ろすことが、ボルテックスに入ることなのに。
「ワクワクに入ることがボルテックスに入ること」っていう、言葉で惑わされてるから。
間違えることがある。

そうだ、この話も今日したかったこと。

私のLINE@とかで相談に乗ってる内容がシェアされていて、「それに当てはめた時に分からなくなる」みたいな声をもらうんですけど。

それはそうだよなって、思うんですよね。
私はその人がどこにいるかっていう階段を見て、アドバイスしてるんで。
千差万別なんですよ。

みんな「こういうバージョンの時には、こういうことだ」っていう、たった1個の正解みたいな探し方をしてるから、取り違いが起きるんだと思うんですけど。

その時その人がいる階段の場所なんていうのは、それぞれ違うから。
それを見極めて、私はアドバイスしてるんで。
同じような内容だったとしても、アドバイスは違ってくるんですよ。

だからボルテックスの真ん中に少し入ってる人と、めちゃくちゃ「どよーん」ってしてる場所の人に、同じ相談内容を持ち掛けられたとしたら、全然違う言葉を返します。

そうすると「じゃあ行動レベルで、何が正解なんですか?」みたいになるんだけど。
そもそもそれが、5%の見方だから。

お気を付けあれ。
5%に惑わされないでほしいんですね。

ちょっと分かりにくかったら、ごめん。

「ハワイにいます」と。
こんな相談、絶対してこないけど。


「私、今ハワイにいるんですよね」って。
「今ものすごい、元気が有り余ってて」
「夜ご飯に何を食べようか、悩んでるんですよね」っていう相談と。

「今ハワイにいるんですよね」
「すごい体調が悪くて、熱が出て風邪気味で、この後何を食べようか迷っているんですよね」っていう人が、相談に来た時にね。

2人は同じハワイにいます、と。
これからご飯を食べようという、相談です。

そんな相談をしてこないよ?誰も。

ハワイっていう同じ場所にいて、めっちゃ元気が有り余ってるバージョンの人と、風邪ひいてるバージョンの人といたら。
当たり前だけど、アドバイスは変わりますよね。

片方の人に私は、「焼肉でも食べに行けば?」って言うし。
片方の人には「お粥食べた方がいいんじゃない?」って言うし。

その時のその人のヘルツの状態によって、同じような相談内容でもアドバイスが全然変わってくるんですよ。

それを、同じ事例で体調の良い人と体調の悪い人を「どっちの行動が正解なのか」みたいな捉え方をしていくと、いつまで経っても辻褄が合わなくなってくるから。

訳が分からなくなりますよ。
自分だって、コンディションが変わるわけだから。

何でハワイで焼肉か、分からないけど。
そういうことです。

そうなんです。
私、これのプロフェッショナルなんで。

特に資格があるとか、国に認定してもらってるわけじゃないですけど。
本当に自分は、ハートのドクターだっていう。

その中で一番の名医だっていう、自分の中の確固たる自信と覚悟を持ってやってるんで。
絶対外さないっていう。

処方箋を絶対に間違えないっていう。
この自負でやってますんで。


なので、これも分かりやすいかもしれない。

私はシンデレラプロジェクトの前は体を鍛えるために、パーソナルトレーニングの先生にトレーニングを受けてたんですよね。

それで今ポールダンスを、IGさんから習ってるっていう状況があった時に。
各先生は、自分のプログラムを提示してくれるんですよね。

「これを今日はやろう」みたいな。
でも私の体調と体のコンディションが、毎回違うわけですね。

だからそれは、自分がきちんとモノを申さないといけないんですよ、これ。
分からないから。

相手は私の体じゃないんだから。
なので「今日ちょっと太ももの調子が悪いんで、ここに負荷かけるトレーニング止めてください」とか。

言われたプログラムを全部崩すんですよ、私。
「今日ここがこれなんで、ここに負荷がかからないトレーニングにしてほしい」とか。

ポールダンスも「肩の調子が何だかおかしいんで、浮くやつは今日は入れないでほしい」とか。
きちんと、自分のコンディションを伝えるんですね。

まず、これね。
マンツーマンの時にすら、あなたはこれをやってませんか?って。

先生のプログラムをこなすことが、善みたいな風になってませんか?っていう。
パーソナルトレーニングっていうのは、あなたのコンディションをきちんと伝えれるっていう為に、お金が高いわけですからね。

先生のプログラムをこなして先生を喜ばせるために、パーソナルトレーニングをやってるわけじゃないでしょ?
きちんと言わないといけない。

だから、自分のペースを先生に見てもらうっていうね。
パーソナルトレーニングの先生が提起するプログラムをこなして、「いいね!いいね!」って褒められて、先生を喜ばすみたいなことをやってませんか?

何の意味もないですよ、それ。

それはマンツーマンの時もそうなんですけど、こういうバージョンの場合ですね。

一対何千人の場合。
HTL(ハッピーちゃんのコミュニティ)も含めて。

あとブログとか、いろんな発信をしてる人がいるけど。
不特定多数なわけですよね。

私の場合は、その時のみんなの全体のエネルギーの平均的な何かをキャッチして、話す内容が来てるような感じがしてるんですけど。

それが当てはまる人もいれば、今の自分と全然違う人もいるわけで。
これはマンツーマンなやり取りではないが故に、あなたはきちんと自分で精査しないといけないということです。

マンツーマンじゃないこの場所で、あなたのコンディションに合わせて私がやるっていうことは不可能ですし。
そういう場所ではない。

それは、マンツーマンの場所でやることですね。
じゃあ例えば〇〇さんに「私、今日のコンディションがこうなんで、こういう話をしてください」とか、オーダーされて。

いっぱい人がいるのに、それに対して返すっていうことをやる場所ではないし、できないんですよ。
なので、話す内容のヘルツの感じも日々違うわけで。

そこが自分と近い場所だったら、ものすごいホッとするとか、奮起が出てくる。
奮起って、良い言葉だよね。

階段を1個登るぐらいだから。
奮起する話。

その内容と近い場所にいる人は、話を聞いた時に奮起すると思うんですよ。
「うわ、私の課題はそこやったか」「次から、これを越えていこう」みたいな。

奮起だよね、これ。
その人にとったらその時の話っていうのは、今の自分からヘルツがすごい近い話で。
階段を登る、ボルテックスに入るための、ちょっとした台になった。

でも今、例えば「心の風邪を引いてます」みたいな状態の人が、「直感に従おう」みたいな話を聞いて「そのままやろう」ってなったら。
たぶん、自己否定が強く出ると思うんですよね。

「直感がないとダメなんだ」みたいな感じでね。
それは今の自分の状態のヘルツと、かけ離れてるから。
合ってないっていうことだから。


それを「自分の波動が低い」とか「自分がダメなんだ」とか、そんなくだらないことを言うのはやめてくださいね。

だから、あなたが今心の風邪を引いている状態なのか、ハワイに行ってイェーイ!みたいな感じの心の状態なのか、私には分かりません。

LINEとか一対一でのやり取りは、また別だけど。
こういう時に関しての情報の受け取り方っていうのは、自分の心の状態とコンディションを見て。

1個階段を登れる、奮起できるような内容だったら、ちょっと耳が痛くても頑張って聞いて、実践してみて。
あなたにとって、すごくそれは有益だから。


でもあまりにもよく分からないとかキツすぎて痛いみたいな時は、まだ周波数が違うから、もっと違う階段を登って、ボルテックスの中に入ることをしていきましょう。

自分にとっての奮起っていうか階段を登る時だなっていう時って、耳が痛いけどちょっとワクワクしてるっていうか。
「あぁ、なんかこれ変わっちゃうな」みたいなさ。
そういうのがあるから。

なのできちんと自分は、今のコンディションがどういう状態なのかを見て。
それによって、自分できちんと選ぶことが大事ですね。

魔が差してるっていうか、エゴキンマンにやられすぎてる時は、「自分に寄り添う優しい意識」みたいな話とか。

瞑想とか、深呼吸の話とか。

そういう話の方が、肩の荷が下りると思うんですよね。

でもすごい元気になってる状態の時には、逆にそういう話は退屈さを感じると思う。
そういう時には創造の方程式とか、現実創造をどうやってしていくかっていうメカニズムを喋ってる内容が、きっとワクワクするはずなんですよ。

だから、毎日違うし。
何なら、毎瞬違うし。


それはもう、誰にも分からない。
自分のことは、自分しか分からないっていう。

良い感じになったり悪い感じになったり、良い感じになったり悪い感じになったり。

まぁそうやって、近いワンシーン事の1時間とかで、自分の周波数みたいなのが定まっていくんだけど
それは、自分しか分からないもんね。

ハッピーちゃんの話を聞くと、周波数が穏やかになる。

私の話も、いろいろあるもんね。
色んなバージョンがあるから。

その時の自分に合う話って、毎回違うと思うんですよね。

コンディションが良い時も悪い時も、汝自身であれ。

目次