占い

竹内涼真と三吉彩花の性格や相性を宿曜と五行で占ってみた!

俳優の竹内涼真さんとモデルで女優の三吉彩花さんの熱愛の報道がありましたね。

ルックス面でも惚れぼれしてしまうほどとてもお似合いな2人ですが、相性は良いのか気になります。

今回は、そんな竹内涼真さんと三吉彩花さんの相性を、宿曜と五行で占っていきます!

竹内涼真と三吉彩花の宿曜での相性は?

それではさっそく、竹内涼真さんと三吉彩花さんの宿曜での相性を占っていきましょう!

竹内涼真と三吉彩花の宿曜は?

  • 竹内涼真さんの宿曜:参宿
  • 三吉彩花さんの宿曜:鬼宿

参宿の人(竹内涼真)と、鬼宿の人(三吉彩花)は、基本的にどんな性格をしているのでしょう。

参宿の人(竹内涼真)の基本的な性格は、

  • 大胆で明るく、エネルギーに満ち溢れている
  • 自信があり好奇心がとても旺盛なので、何にでも怯まずに参加する
  • 毒舌で反感を買うことも
  • ピュアな魅力と愛嬌で人に愛され、出世しやすい
  • 恋愛は、新鮮な愛を求めて積極的な動き、楽しい会話で相手を惹きつける
  • 相手にはっきり言い過ぎて、傷つけてしまうこともある

などの特徴があります。

鬼宿の人(三吉彩花)の基本的な性格は、

  • 愛情深さがあり親しみやすい
  • 人のことを自分のことのように感じられる、優しい人
  • 包容力とインスピレーションで、その場に合わせて人を和ませることが得意
  • 自分を犠牲にして誰かを助け、情に溺れて冷静な判断ができないこともある
  • 好き嫌いが激しい
  • 恋愛は、相手の気持ちに敏感で気分が頻繁に変化するため、安定した恋愛は無縁
  • お世話をしすぎたり束縛や約束事を強いたりして、相手から疎ましく思われることもある

竹内涼真と三吉彩花の宿曜での相性結果!

竹内涼真さんと三吉彩花さんは、近距離の友・衰(ユウ・スイ)の関係です。

:参宿竹内涼真(1993年4月26日)
:鬼宿三吉彩花(1996年6月18日)

竹内涼真さんが、三吉彩花さんがの立場で、お互いに安定感を与え合い、本来の自分を発揮できる関係です。

近距離の相手とは縁が深く、出会ってからすぐに仲良くなれる関係です。
付き合っていくほどに関係も深まり、運命的なものを感じることもあるかもしれません。

の三吉彩花さんのほうが優位な強い立場になり、反対に「」の竹内涼真さんは、少し弱い立場となります。

お互いに損得感情なしで惹かれてしまうので、楽しい交際ができます。

友人としての相性もとても良いです。

ただ、悲恋宿といわれることもあり、二人の間には難事も多いです。

竹内涼真と三吉彩花の五行での相性は?

次は、竹内涼真さんと三吉彩花さんの五行での相性を見ていきましょう!

竹内涼真と三吉彩花の五行の運勢は?

五行とは、木火土金水の5つの性質のことで、四柱推命の元となる占いです。

四柱推命の内容も踏まえながら、2人の基本的な性格をまとめていきます。

竹内涼真さんの五行はです。

気質ろうそくのような、弱くて繊細な光を放つ炎「丁(ひのと)」の性質を持っている。

激しい気性と大胆さを合わせ持っており、早とちりやうかつな行動をとりがち。

心が解放的でのびのびとしているため、周りの人に喜びと勇気を与え、引き立てが多いほど力を発揮できる。

長所心が清らかで正直で、正義感が強い。
情が厚くて頼られると断れないので、周りからは頼られる。
短所目立ちたがりな性格で、派手すぎる面がある。
人間関係ではウソが言えず、反発を受けることもある。

三吉彩花さんの五行もです。

気質太陽のように燃え盛る炎のような、「丙(ひのえ)」の性質を持っている。

探究心と執着心が強いが、保守的な面もある。
知的好奇心が旺盛で、新しいものや変化、刺激を好む。

心が広いが、激しい気性も持っている。

長所心が清らかで正直で、正義感が強い。
情が厚く頼られると断れないので、周りからは頼られる。
短所目立ちたがりな性格で、派手すぎる面がある。
人間関係ではウソが言えず、反発を受けることもある。

2人とも、五行ではという性質を持っていました。

竹内涼真と三吉彩花の五行での相性結果!

竹内涼真さんと三吉彩花さんは、四柱推命では天干が同じ五行なので、愛情というよりも友達のような関係になりやすいです。

意地を張り合うこともあり、恋愛関係では障害があり、少し物足りなく感じることもあるでしょう。

ただ同じ五行なので同じ性質を持ち、まるで分身と一緒にいるような感覚になることもあります。

共通の趣味などがあれば、友達感覚で関係が長続きするかもしれません。

竹内涼真と三吉彩花の相性まとめ

竹内涼真さんと三吉彩花さんの相性を、宿曜と四柱推命も踏まえた五行で占ってみました。

総合的には、恋愛関係というよりは友達関係としての間柄になりやすいのかもしれませんね。

恋愛関係であっても、あまり干渉し過ぎずに友達のような感覚の方が、長続きするのではないでしょうか。