スポーツ

坂本勇人選手は新型コロナ前にインフルも2回感染!免疫力が低い?

巨人の坂本勇人選手が新型コロナウイルスに微陽性の反応が出たことがわかりました。

球団のPCR検査で判明したようですが、やはりまだまだ終息に向かうのは難しそうですね。

野球界にもこれから広がりそうな危険があり、心配になります。

今回は、そんな坂本勇人選手の新型コロナウイルス感染についての情報を、まとめていきます。

[巨人の坂本勇人選手]新型コロナの前にインフルエンザに2回感染していた!

2020年6月3日に巨人の坂本勇人選手が、 PCR検査で微陽性の反応が出たことで、新型コロナウイルスに感染している可能性が高いことがわかりました。

微陽性というのは、新型コロナウイルスの遺伝子量(CT値)が微量で、正常値ぎりぎりだということから、陰性とも陽性ともとれない曖昧な表現になるのだそうです。

PCR検査での微陽性が確認された経緯はこちらです。

  • 5月29~31日、球団で希望者のみ、新型コロナウイルスの抗体検査を実施
  • 坂本勇人選手を含む大城卓三選手などの4人から、抗体が確認
  • 6月3日、4人のPCR検査が行われ、坂本勇人選手と大城卓三選手に微陽性反応が出る。
  • 2人とも症状はなく、感染からかなり時間が経っているとみられる数値で、回復を示す抗体が確認される。

なんと坂本勇人選手は、新型コロナウイルスに感染する前、インフルエンザに2回も感染していたというのです!

そんなことってあるのですね・・。

今年は、ほとんどインフルエンザって流行っていませんでしたよね。

坂本勇人選手はインフルエンザにかかったのは今年が初めてだったそうで、1月にインフルB型、2月にインフルA型に感染していました。

回復したと思ったら次々に感染してしまい、気の毒ですね・・。

6月4日の検査では、陰性の結果が出たそうなので、良かったです。

[巨人の坂本勇人選手]新型コロナとインフルAとBに感染した理由は?

坂本勇人選手は、どうしてそんなに次々と感染症にかかってしまったのでしょうか。

今までインフルエンザを患ったことはなかったというのに、今年はツイてなさ過ぎやしませんか?

なぜ、そこまで集中して感染してしまったのか、勝手に考察してみました。

[坂本選手が感染症にかかる理由]意外と体力が弱くて免疫力が低い?

野球選手で体力勝負なイメージがありますが、本当は意外と弱かったのかもしれません。

インフルエンザに2回もかかっているところから、呼吸器が弱い印象があります。

いろいろな菌に対抗する免疫力も、低い可能性がありますね。

[坂本選手が感染症にかかる理由]手洗いとうがいの習慣がない?

インフルエンザは飛沫感染接触感染うつることが多いと思うので、衛生管理や予防管理をあまりされていなかったのかもしれません。

手洗いとうがいを徹底するだけでも、かなり防げることはできると思います。

特に、こんなにインフルエンザが流行っていない年に2回もかかるのは、予防管理的に何か原因があるようにも感じます。

[坂本選手が感染症にかかる理由]何かに取り憑かれている?

坂本勇人選手は、2020年は最年少2000本安打の記録が期待されていました。

そんな大事な年に限って、こんなに災難が降りかかってきているのは、ちょっと異常ですよね!

何かに呪われていたり、取り憑かれていないか、心配になります・・(笑)

信じる信じないかは別として、念のためにお祓いしてもらった方がいいかもしれません。

まとめ

巨人の坂本勇人選手が、新型コロナウイルスに感染する前にインフルエンザに2回感染していた情報をまとめてみました。

そんなに次々と感染してしまうのは、考えたらキリがないほど原因はあるでしょうが、大事な年なのに本当に気の毒です。

新型コロナウイルスの症状が出ていないところが唯一の救いですね。

いろんな病気に負けず、これからは予防管理にも気をつけて活躍し続けてほしいと思います。