歌手

Nissyが医療機関に1000万円寄付!これまでも被災地で支援活動

AAAの西島隆弘(Nissy)さんは、国立国際医療研究センターに1000万円寄付することを自身のインスタで明かしました。

西島隆弘さんは身内に医療従事者がいるそうで、医療現場の苦労を身近に感じているそうです。

これまでも、北海道での震災や千葉の豪雨災害のときに被災地まで足を運んで支援活動をしていたといいます。

世間からは、そんな行動力のある西島さんに素敵だという声が相次いでいますね。

Nissyが医療機関に1000万円を寄付!

Nissyこと、ダンス&ボーカルグループのAAA西島隆弘さんが、自身のインスタグラムのストーリーを更新し、国立国際医療研究センターに1000万円寄付することを報告しました。

https://twitter.com/
西島隆弘さんは、

私事になりますが、身内に医療従事者がおり、過酷な医療現場を身近に感じております。
医療に関わる皆さまが感染の危険もある中、尽力されている日々に、少しでもお力になれればと思っております。

と寄付する意図を説明し、不要不急の外出自粛を呼びかけるなどのメッセージも送りました。

これまでも震災などの被災地へ支援活動をしていた

西島隆弘さんは、これまでにも被災地に足を運んでボランティアなどの支援活動に参加されていました。

https://twitter.com/

・2018年10月、地元の北海道胆振東部地震でのボランティア活動

・2019年9月、千葉県の台風被害で復興支援に参加

・2020年1月、オーストラリアの森林火災の支援として約800万円を寄付

千葉県の台風被害の時には、腰の怪我と喉の手術の直後で本人の体調も万全でなかったそうです。

インスタやYouTubeで楽曲や映像を公開

西島隆弘さんは、新型コロナウイルスの影響で外出自粛の要請が始まり、「アーティストとして今できること」としてSNSで配信をされています。

現状の不安が少しでも減るように、また「おうち時間」を少しでも充実させられるようにと発信しているそうです。

インスタでは、自宅で制作した楽曲の「僕にできること」を披露し、YouTubeでは「Nissy Channel」を開設してLIVE映像やドキュメンタリー映像などを公開しています。


世間の声