ニュース

前澤友作、元日にお年玉企画を実施!千葉への20億円寄付のねらいを考察

ファッション通販サイト「ZOZO」創業者で、スタートゥデイ社長の前澤友作さんが、総額〇〇億円のお年玉企画を実施することを発表しました。

前澤友作 〇〇億円のお年玉企画を実施!

2019年12月27日、前澤友作さんは自身のツイッターでお年玉企画を発表しました。

前澤友作 2019年のお年玉企画で大きな反響

前澤友作さんは、2019年の正月にもお年玉企画を実行していました。

ツイッターで「100人に100万円をプレゼントする」と総額1億円お年玉企画を呼びかけて実行し、世間に大きな反響を呼びました。

前澤友作 2020年のお年玉企画はパワーアップ!

2019年のお年玉企画で大反響だったお年玉企画は、2020年にも実施されるといいます。

自身のツイッターで前澤さんは、2019年よりもさらにパワーアップした〇〇億円のお年玉企画を計画していると発表しました。

詳細はYouTubeでお知らせするとのことで、自身のYouTubeチャンネルにチャンネル登録を促しています。

チャンネル登録を集めるところが、さすがですね。

前澤友作のお年玉企画、世間の声

前澤さんのお金なんだから、どう使おうと自由なのですが、せっかくだから本当に困ってる人に使ってほしいと思ってしまいますね。

でも、大風被害を受けた千葉県に20億寄付したのだそうですね。

前澤友作 千葉県館山市に20億円を寄付!

2019年12月25日、千葉県の館山市が前澤さんからふるさと納税で20億円の寄付があったことを発表しました。

前澤さんは千葉県の館山市をはじめ2019年9月の台風15号で被災した地域にあわせて約4000万円を寄付しています。

ふるさと納税での寄付ってどういうこと?

ふるさと納税は、自分が応援したい自治体に「寄付」することで、返礼品がもらえる制度のことです。

納税という言葉が使われていますが、実施は「寄付」であるということです。

前澤友作のふるさと納税寄付、実質の負担額

前澤さんのふるさと納税寄付による実質負担額がどれくらいなのかは、前澤さんの年収がどれくらいなのか定かではないので正確にはわかりません。

ですが、参考になるようなツイートを見つけました。

前澤さんは、20億円をまるまる寄付したわけではなくて、あとからかなりの金額が戻ってくるということは、確実に言えるのではないかと思います。

前澤友作 20億ふるさと納税寄付のねらいは?

前澤さんの千葉県館山市に20億円寄付をした本当のねらいについて、推測してみました。

おそらく、前澤さんは自身の影響力を増やすためのパフォーマンスの部分は少なからずあったのではないかと思っています。

自身の負担額よりも、「20億」という数字にメディアは反応してくれますし、実際にたくさんの称賛の声が上がっているので、結果的に前澤さんの計画通りになっていると思うので、さすがだなーと感じました。

もっと言うと、お年玉企画やYouTubeでもなんでも、ひと味違ったことをして話題作りをし、世間を注目させて宣伝しているんだと思います。

実際に20億かかってないというところはびっくりしましたけど、しないよりは確実にいいことしているとは思います。

口だけの人よりは、行動力があるので応援したいと思います!