ニュース

[コロナ] K-1イベントの主催者は朝鮮総連系!?発熱症状で責任はどうなる?

3月22日に埼玉スーパーアリーナで開催されたK-1イベントの観戦者から、発熱症状が出たことが明らかになりました。

コロナの影響から政府や埼玉県が開催自粛を要請するなか実施されたことで、話題になっていますね。

PCR検査による結果は陰性だったようですが、のちに陽性になったとう事例があるので、まだ安心はできないと思いますね。

今回は、K-1イベントが行われた状況や主催者情報などについて、まとめてみました!

観戦者から発熱症状も、結果は陰性!

K-1イベントの観戦者から発熱症状が出たことがわかりました。

6500人も集まっていたら、当然だろうとは思ってしまいますね。

https://twitter.com/
その観戦者は厚労省に連絡をして、病院に行ったそうです。

その後、最寄りの保健所が不安に思い厚労省に連絡を入れ、PCR検査に回ったということです。

PCR検査の結果は陰性だったようですが熱が出てすぐの検査だったようで、正確な検査反応が出ていない可能性もありますね。

実際に「陰性だったのに、のちに検査したら陽性だった」という事例があったので、まだ安心できないと思います。

観戦者の個人情報を提出させていた

埼玉県からの要請で、観戦者にチケットの裏に氏名や住所などを記入してもらい、個人情報を収集していたようです。

身分証明書などと比較するなどの確認まではしていないようですが、おそらく何かあった時の対応のために行ったのでしょうね。

https://twitter.com/

簡単に個人情報を記入するのも、少し怖いですよね。

イベントの主催者は在日朝鮮人?

K-1イベントの主催者はこちらです。

  • 主催・著作:K-1実行委員会 前田憲作、内田康弘、小比類巻貴之、梶原龍児
  • 企画・制作:㈱M-1スポーツメディア 代表取締役 豊田 茂
  • 運 営:㈱グッドルーザー 代表取締役 宮田充
  • 協 力:さいたまスーパーアリーナ

実行委員会の会長は矢吹満(玄満植)さんという方で、在日朝鮮人だという情報があります。

矢吹満(玄満植)さんの親族には朝鮮総連の幹部の方がいるそうで、大きな力を持っているのではないか、とも言われています。

観戦者にはお湯を飲む対策を伝えていた!?

K-1観戦者には、コロナ対策として「26〜7度のお湯を飲む」などという対策方法を伝授していたようですね。

https://twitter.com/


主催者の責任は?

もし、イベントがきっかけで新型コロナに感染した場合や、感染が広がってしまった場合、主催者の責任はどうなるのでしょうか。

実際にどこから感染したのか証拠がつかめない所があるので、現実的には主催者が責任を負うのは難しいのかもしれませんね。

しかし、政府の要請を無視して開催したことで、まったく責任がないのもどうかと思ってしまいます。

政府の責任という声も?

イベントが行われなかった際の負担を国が保証してくれない、という意見もあるようですが、この考えはどうかと思いますね。

国が保証ということは税金を使うのですから、K-1の営業の負担を税金で補うのはつじつまが合ってないように感じます。

イベント開催が中止になっている会社は、全国に数えきれないほどいるわけですし。

ただ、国が自粛要請ではなくもっと強く禁止命令を出せていたら・・とは思いますね。