テレビ・YouTube

桐谷健太の初主演ドラマが台無しで「可哀想」の声。東出の謝罪にブチギレたって本当!?

テレビ朝日系のドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」で初主演を務めている桐谷健太さんが、不倫でお騒がせしている東出昌大さんの謝罪にブチギレたという噂が浮上しています。

桐谷健太、イベントでドラマの視聴を呼びかけ神対応?

ドラマ「ケイジとケンジ」の2話の視聴率が、東出さんの不倫の影響により視聴率が9. 7%と急降下しました。

1月29日のイベントで、東出昌大さんの不倫について質問された桐谷健太さんは、「嫌悪感を抱いている方もいるかもしれないが面白いものを作っている」と堂々とPRしていました。

続けて「僕の連ドラ初主演作でもありますので、ぜひ観ていただけたらうれしいです」と呼びかけました。

この事について、「神対応だ」との声が上がっていました。

桐谷健太、東出昌大の謝罪にブチギレた?

イベントでは神対応だった桐谷さんですが、業界関係者によると撮影現場ではひどく怒っている様子だったといいます。

f:id:guutarazuki:20200203161258j:plainhttps://twitter.com/

東出が不倫報道後の現場で、関係者に謝罪したと言われていますが、桐谷は「ふざけんな!」とブチギレて受け入れず、スタッフが止めらなかったら殴りかからんばかりの勢いだったそうです。
東出の言い訳や自己弁護ばかりが目についたため、それもよけいに桐谷の怒りの燃料となったようですね。

引用元:日刊サイゾー

桐谷健太、ドラマ初主演でステップアップのチャンスだった?

桐谷さんは業界の評判は高いそうですが、今回は民放の連ドラ初主演でした。

ここで結果を残せば主演俳優」にステップアップできるチャンスで、桐谷さんもかなり意気込んでいたようです。

f:id:guutarazuki:20200203161535j:plain
https://twitter.com/

しかし、東出さんの不倫によって視聴率が低下し、せっかくのチャンスが台無しになったことで、はらわたが煮え返る思いだったそうです。

ドラマの第3話では、東出さん演じる検事が柳葉敏郎さん演じる上司から「そういう不徳を引き起こしたのは誰だ!」と叱責を受け、 「僕はどこでミスったんだ……」と呟くシーンがあり、これが現実での東出さんと重なると、ネット上で大盛り上がりとなりました。

その効果か、3話では10.3%と2桁に持ち直しており、ひとまず胸を撫で下ろしていたそうです。

桐谷健太に「可哀想」の声

やっとの初主演ということで、張り切っていたんでしょうね。

本当にトバッチリですから、桐谷さんが怒るのもわかる気がします・・。