お笑い

ドリームマッチの岩井がクラウス・ノミだった!魔神の曲が頭から離れない

4月11日に放送された「ドリームマッチ2020」の中でハライチの岩井さんと渡辺直美さんが披露したネタが面白いと話題になっています。

2人は塩の魔神と醤油の魔神になり、ミュージカル風にネタを披露しました。

岩井さんはいつもツッコミ担当なのに、歌まで歌ってしっかりボケ担当を演じていたので、とても新鮮でしたね。

今回は、そんな2人が披露した魔神ネタについて、まとめてみました!

ドリームマッチで岩井と渡辺直美がネタを披露!

ドリームマッチではハライチの岩井さんと渡辺直美さんがコンビを組みネタを披露しました。

ミュージカル風になっていて、何だかこの曲がずっとグルグルと頭の中でまわって残っています。

ハライチ岩井のキャラはクラウス・ノミのオマージュ

ハライチの岩井さんが演じた塩の魔神は、クラウス・ノミさんという方をオマージュしたものだったそうです。

https://twitter.com/

クラウス・ノミさんは、ドイツ生まれでオペラ歌手として修行を積み、ニューヨークに移住してマネキンのパフォーマンスなどで活躍していました。

エイズの病気で亡くなり、ニューヨークの街に遺灰を撒かれたそうです。

渡辺直美さんはニューヨークに住んでいたので、もしかしたらこのネタのヒントをもらったのかもしれませんね。

それにしても、いつもクールで澄ましている雰囲気のあった岩井さんが、このようなミュージカルのネタをするなんて、びっくりしました。

とても面白かったですね!

世間の声