テレビ・YouTube

「いきなりマリッジ3」タケルとナツキ編の最終回!ネタバレと感想をレビュー

AmebaTVの恋愛リアリティーショー「いきなりマリッジ3」タケルとナツキ編の最終回が、ついに放送されましたね!

前回は、箱根に温泉に行ったりナツキの実家に挨拶に行ったりと、さらに結婚へと進展した気がしました。

「いきなりマリッジ3」タケルとナツキ編の9話ネタバレと感想をレビューAmebaTVの恋愛リアリティーショー「いきなりマリッジ3」タケルとナツキ編の、9話が放送されましたね! 前回は、ナツキがタケルの...

いよいよ今回、2人が結婚するのか決断されます!

2人は最終的に、いったいどんな決断を出したのでしょうか。

さっそく、最終回のあらすじと共に流れを振り返りたいと思います!

2人でたこ焼きを作って食べる

最終日まであと3日を控えた日、先に帰宅したナツキが食事の準備をします。

タケルもキムチを切るのを手伝い、一緒にたこ焼きを作って食べます。

ナツキの股を広げて食べている様子が気になってしまいましたね。

タケルは「ナッチャンと結婚したとして何があったとしても平気」と言います。

ナツキも「2人で乗り越えた感じがする」と話します。

いろいろあったけど、2人が何でも良いように解釈できるようになってきたし、いろいろあったからこそ薄っぺらくない関係が築けてよかったと、お互いに語り合います。

タケルがスタッフに話した内容

ナツキと結婚ということに関しては問題ないけれど、女性としてドキドキ感がないことで悩んでいる

ナツキがタケルにメイクしてもらい、最後のデートへ

ナツキがタケルの働いている美容院に行き、ヘアセットとメイクをしてもらいます。

2人はドレスアップして最後のデートに行き、おしゃれなレストランで食事をします。

タケルは箱根旅行の時に話題になった子供が出来た時などの話を切り出し、「自分がなるべく仕事を頑張って、どうしてもダメな時はナッチャンにも助けを求めるかもしれない」と伝えます。

ナツキは、もし結婚して「じゃあ私が麻布十番から出たくないって言ったらどうする?」と聞きます。

タケルは、お互いに条件を話し合いながら進めば良いのではないかと伝えます。

https://twitter.com/

ナツキはちゃんと恋愛したのは学生の時だし、5年交際していた20歳年上の元カレはバツイチで子供がいたため、相手に子供が欲しいという願望がなく結婚まで至らなかったと話しました。

さらに結婚の条件として食事は女がするものだと思って欲しくないし、「そこまで稼いで来てくれるの?」と思うと話します。自分の両親がお金が原因で離婚していることから、結婚するにあたってお金面のことがとても気になってしまうのだと話します。

やっぱりナツキはいろいろとトラウマがあるのか、相手に求めることが多すぎる気がしますね。

自分の過去の経験や家庭環境などの影響を引きずりすぎていて、もったいないように感じました。

タケルは「このままだったら結婚できるが、当日の朝になってどう思うかによる」と伝えます。

ナツキが泣き出す

最終決断の前日、また先に帰宅していたナツキが食事を準備していました。

タケルも仕事を終えて帰宅し、一緒に1ヶ月間の生活を振り返ります。

やっぱり、ナツキが膝を立てて食べているのがすごく気になってしまいましたね。

思い出を振り返っていると、ナツキが急に泣き始めます。

https://twitter.com/

ナツキはもっと上手く出来たのではないかとか、きつい言い方をしてしまったことなどを反省していると話しました。

タケルは「またこれから変えていけば良いんじゃないか」と伝えます。

タケルは「最後は一緒に寝ようよ」と伝え、2人は一緒のベッドで寝ました。

https://twitter.com/

いよいよ最終決断!

いよいよ最終決断の朝を迎えます。

ナツキの朝の様子を見て、声がガラガラで「もしかしてこれはダメかもしれない」と感じてしまいました。

いよいよ決断の瞬間です。

タケルは「たくさん学べたけど、女性として見ることはできなかった」として返事は「NO」でした。

https://twitter.com/

タケルの返事が「NO」だったことに、驚いてしまいました!前日も「これからは〜」と将来を感じさせる言葉が出ていたし、最後のレストランでの食事でも子供が出来た時の話を自分から切り出していたので。

いつ決断したのかはわかりませんが、それなら「一緒に寝ようよ」と誘わないでほしいし、思わせぶりなことを言わないでほしいですね。

一方ナツキも「お互いを高めあえる関係ではなかった」として返事は「NO」でした。

https://twitter.com/

ナツキは刺激が足りないようなことを理由にしていましたが、何かしらのトラウマがあって、男性から愛されることや優しくされることなどを自分自身が受け入れられてない気がしましたね。

そのトラウマを吹っ切らない限り、きっとどんな男性が現れても求めるばかりで満足できないのだろうな、と思いました。

2人は結婚指輪を外し、お別れをしました。


最終回の感想!

タケルは、ナツキに対してマイナスよりもプラス面の発言が多かったので本心がずっと見えませんでした。

ですが、はっきりと「女性として見れない」という決断をしていて「やっぱりか!」と思いましたね。それならもう少し、態度に出しても良いのでは?褒めすぎでしょ、と感じるところはあります。

なんだかずっとタケルの笑顔が苦笑いのように感じていたので、この結果に納得でした。

ナツキはまず、お酒をもう少し控えた方がいいように思いました。いつもお酒に逃げているので、しっかり自分や相手と本当に向き合えていないことが多いのだろうと感じます。

相手に求めすぎてしまうところも、自分自身のトラウマが癒されていなくて満たされていないので、「もっともっと」と要求してしまうのでしょうね。

確かにドキドキ感も大事ですよね。相手に要求するばかりではなく、自分の心を癒して男性の気持ちを考えてあげられる余裕ができたら、もっと素敵な女性になるように思います。

今回は初めて結婚を期待していたカップルだったので残念ではありますが、やっぱり1ヶ月で結婚を決断するって難しいですよね。

いきなりマリッジ3のタケルとナツキ編、とても楽しかったです!