芸能人

剛力彩芽と前澤友作が復縁が衝撃!女優は諦めて月に行く覚悟ができた?

2019年11月に破局を迎えていた剛力彩芽さんと前澤友作さんが、復縁していたそうですね。

別れた後も、2人とも未練タラタラな発言をしていたので、もしかしたら復縁もありあるのかなー、と思っていましたが。

剛力彩芽さんは、復縁したことでまたテレビから姿を消してしまうのでしょうね。

また、月旅行へは行く覚悟なのでしょうか。

今回は、そんな2人の復縁についての情報をまとめてみました!

剛力彩芽と前澤友作が復縁していた!

2019年11月に破局していた剛力彩芽さんと前澤友作さんが、2020年に入ってから復縁していたことがわかりました。

2人は4月19日の夜、六本木ヒルズの近くの会員制の超高級レストランで食事をしていたそうです。

新型コロナウイルスなんて、まったく気にしてなさそうですね・・。

破局直後から、2人は未練があるような発言をしていました。

剛力彩芽さんは、

「形としては終わってますけど、でも私の気持ちとしてはまだ残ってますから

「めちゃくちゃタイプなんですよ。顔も大好きなんで。一目惚れですね。すっごい子供、超ピュアだし、本当に小学生がそのまま大人になった感じの人で純粋だし、真っ直ぐだし、本当に人のこと疑わないし。あの年齢でそのままやり続けられる人ってそんなにいないんじゃないかな」

と発言。

気持ちが残ってる」って、まだ好きだと言ってるようなものですよね。

前澤友作さんも、

「一生一緒にいたいな、と思ってました」

としみじみ語っていましたね。

お見合い企画で前澤友作の気持ちに変化が?

前澤友作さんは、AbemaTVの間で企画されていたお見合い企画を直前になってドタキャンして話題になっていましたね。

ドタキャンの理由は、「自分の気持ちに整理がつかなかった」と話していました。

おそらくこの時に、剛力彩芽さんへの気持ちがはっきりしたのでしょうね。

一般人の女性と女優さんとは、比べるとやっぱり違うと思いますし。

AbemaTVの担当スタッフは相当怒っていて、前澤友作さんは社長の藤田晋さんに平謝りしていたそうです。

前澤友作が新会社の社員の前で復縁を宣言!?

前澤友作さんは2月中旬、新会社のスタートトゥデイや関連会社の社員と共に千葉県の高級旅館を訪れていたそうです。

その場で剛力彩芽さんと復縁することを宣言していたそうです。

社員さんにとっては、そんなこと宣言されても・・と感じると思うのですが、意外にも祝福ムードが漂っていたといいます。

かつて剛力彩芽さんと交際を始めた2018年5月にも、会社設立20周年パーティーでお披露目していたそうですが、わざわざ仕事の関係者に報告するのですね。

普段からあちこち一緒に行動するようになるから、報告しているのかもしれませんね。

剛力彩芽の女優業はどうなる?

剛力彩芽さんは破局した際、女優業に力をいれるという発言をしていました。

少しずつ仕事に復帰していましたが、前澤友作さんとの復縁でまた仕事からは遠のいてしまう可能性が高いですね。

剛力彩芽さんの事務所のオスカープロモーションは、破局した剛力彩芽さんを歓迎し、今後の活動に期待していたそうです。

米倉涼子さんなどの売れっ子さんが退所していったため、剛力彩芽さんにかける期待も大きかったのでしょうね。

それだけに、事務所的には前澤友作さんとの復縁は良くは思っていないでしょう。

事務所側は、前澤友作さんが剛力彩芽さんとの関係をお構いなしに喋ることがあるため、仕事への支障がないように配慮してほしいなどの心境を語っていたそうです。

どちらにしても、剛力彩芽さんは仕事面において、もうあまり良いイメージではなくなってしまったように感じますね。

きっと、これからも前澤友作さんは剛力彩芽さんとのプライベートな関係をポロポロと発言するのでしょうし、剛力彩芽さんに女優業はもう期待できない気がします。

剛力彩芽は月旅行に行くのか?

前澤友作さんは、恋人も一緒に月旅行に行くことを望んでいましたね。

月旅行は2023年に予定されていますが、剛力彩芽さんも行くとなると、それまでにいろいろと訓練などが必要ですね。

前澤友作さんは破局した際、

「宇宙でやりたいことの夢がふくらんじゃって、途中から、“一緒に来てくれたらいいな”って思ってしまってたのは事実」

と語っていました。

「一緒に来てくれたらと思ってしまっていた」と、そのことを後悔しているような発言をしているので、これからは月旅行へ一緒に行くことを望んでいないのかもしれませんね。

宇宙に行くなんて本当に大変なことですし、剛力彩芽さんが一緒に行くことはありえない気がします。

もし本当に2人で月旅行に行ったのなら、剛力彩芽さんを応援するようになるかもしれませんね。

世間の声