【エイブラハム】超意識に入る!

エイブラハムの言葉をチャネリングできる、エスターヒックスさんのワークショップの内容を日本語に翻訳しています。

エイブラハムの引き寄せの法則について詳しくない方にとっては、少し分かりにくい内容かもしれません。

今いる場所や状況によっても捉え方が変わってくると思いますので、人それぞれ自由に解釈して頂けたら幸いです。

エイブラハムの書籍がたくさん出版されていますので、そちらを読んでからご覧頂くことをオススメします。

ぜひ宇宙の叡智に触れて、いろんなメッセージを受け取ってくださいね。

ワークショップの内容は、著作権保護資料の使用に関するガイドラインに従って共有しております。

目次

【エイブラハム】超意識に入る!

白昼夢についての話をするのが、適切だと感じています。
私は今朝、白昼夢を見たんです。

この会話の基盤を作るために、白昼夢とはどういうものかを考えてみましょう。

それは意識の状態で、心が心地良くさまよう状態で、自分がそれを指揮しているような気はしません。
夜、夢を見ている時のように、映画を見ているようなものです。

昼間でも同じようなことができます。
ただ、それを観察するのです。

もっと良い言い方をすれば、それを受け取るのです。
なぜなら、宇宙と同調した状態だからです。

どこからそれを受け取っているかというと、あなたのボルテックス、ボルテックスにある成分からです。

そのディレクターは誰なのか。
あなたの内なる存在です。

それが白昼夢というものです。

今朝は目覚ましをセットせず、奮い立たされる音楽を聴いて目を覚ましました。
私の内なる存在や集合意識、最近亡くなったばかりの母を感じていました。

彼らは「そこにクジラがいるから、注意して見ることができるよ」と言いました。
私は大ファンなので…

白昼夢を見たのですか?

白昼夢では、ザトウクジラが飛び上がる姿を私に見せてくれるのを思い浮かべていました。
それがすごく嬉しくて楽しいことだと、理解しているからです。

そして、あなたは目を覚まします。

そうです。

それらの思考はあなたの、心の中を移動しています。

必ずしもそうではありません。
そうですね…、ある意味ではそうかもしれません。

どんな白昼夢を見ていたのですか?

クジラの夢です。

そういう思いが、あなたの心の中を駆け巡っていたのですね。

はい。

その思いはあなたの心の中を駆け巡り、それはあなたにとって楽しいことだったのです。
それで?

それで、クジラを見ていました。

それで起きたら?

そう、それで目を覚まして…

この白昼夢を見ていた時、あなたはどこにいましたか?

ベランダに出ていました。

海で見る前に、心の中で見たんですね。

そう、だから、もっと白昼夢を見る方法を教えてください。

この質問には、少し慎重になっています。


物事を実現するために、白昼夢を見るという印象を与えたくないからです。

そういう目的ではないのです。
その目的とは、あなたの白昼夢と繋がる喜びのためにあるのです。

あなたの白昼夢は、あなたの力をフルに発揮することが、どんな感じなのかを知るためのものです。
あなたが白昼夢を見るのは、それを認識するのがだんだん上手になるためです。

あなたが超意識モードにある時でも、抵抗のない場所に常にいるということでは決してないと、先ほど言いました。

多くの時間ですが、常にというわけではありません。
物理的でない場所に移行するまでは、そのような状態になることはない
のです。

そのようなものを垣間見ることでその甘さを味わい、それが起きていることを認識することができるのです。

もし私たちがあなたの物理的な立場に立っているとしたら、私たちはもっと多くのものを求めているはずです。
つまり、それを味わうことができる状況にもっと身を置くということです。

先ほど、携帯電話で音楽を聴きながら目覚めたと話していましたが、携帯電話で音楽を聴いていると本当に楽しく目が覚めますよね。

本当に好きな音楽を聴いている状態に自分を置くことで、準備ができて、準備ができて、準備ができて、準備ができます。

言い換えれば、すること全てにおいてその中に喜びを見出だそうとするのです。
その喜びや満足は、ソースエネルギーとのアライメントを意味するからです。

なぜなら、それは常にあなたの内側にあるものだからです。
だから、このことを意図的に脇に置いてください。

私たちは、あなた方自身を訓練するような言葉は使いたくありません。
なぜならそれは努力に基づくものであり、ほとんど犠牲に基づくものだからです。

ただ、成功のために自分をセットしてほしいのです。
その片鱗を感じられるような
環境を、整えてほしいのです。


そして、その片鱗を感じていることを認識することです。
生産的な価値のためではなく、それを楽しむために、できることならそれを維持してください。 

でもあなたは、物事を実現するために空想しているのではありません。
白昼夢を見るのは、あなたのアライメントを表現するからです。

あなたの実現に向けての道しるべとして、インスピレーションで多くの喜びの反応があることが分かるでしょう。

あなたは時々「ガレージに行くと、ないはずの車があるというような夢を見たい」と、思うことがあるでしょう。

でも夢を実現したいだけなのに、角を曲がったらそこには理想の人がいて、私の目をじっと見ていて、私たち2人はお互いを知っている。
あなたがそれを望んでいることを、私たちは知っているのです。

でもあなたが本当に欲しいのは、この快感の瞬間に導いてくれる意識に同調することなのです。
この瞬間も、この瞬間も、この瞬間も、この瞬間も。

オーケストラに行くと、すぐに大きな音で演奏してくれるわけではありません。
その準備をします。

言い換えれば、だんだん大きな音になっていくように少し時間をかけるのです。

あなたが話している実現化の話を、「クレッシェンド」と呼ぶことにしましょう。
快楽の後にやってくるものを、「クレッシェンド」と呼びましょう。

何が言いたいかわかりますか?

はい、大好きです。
私はずっとそうしてきて、高揚した気分でいることについて話し合っていました。

感じることができて…。
もっと良い言葉を使いたいのですが…

知っている全ての単語を、使ってみてください。

クレイジーで大袈裟で、すごく間抜けなような…。
そうすることで、全ての人が宇宙と繋がると感じるのです。

あなたが今、使っている言葉が全てです。
なぜならそれは、あなたが本当に手放すための道だからです。

自分が他人からどう見えるかをまだ意識しているから、おかしく感じるのです。
あなたはまだ他人にどのように見えるかを気にしているので、それが間抜けな感じに見えるのです。

でもその全てが「コントロールと自由」、つまり、自分がどうありたいかを表現する言葉に到達するのです。
あなたが本当に言っているのは、コントロールできないところまで勢いが増すのを許すということです。

コントロールできないところまで、勢いがついているのです。
だからクレイジーとか間抜けという言葉を使ったのでしょうが、自分のコントロールをより高い力に委ねるのです。

自分のコントロールを、軌道上で回転している地球より、あなた自身の高い力に委ねます。

血液は体内を循環し、新陳代謝も活発で、あなたの世界には理解できないことがたくさんあります。
科学者たちはそれを解明しようとしていますが、全てにおいてほとんどが間違っています。

なぜならボルテックスのことを知らず、エネルギーにアプローチしていないからです。
彼らは白昼夢を見ていません。

ということで、白昼夢についてもっと教えて頂けますか?

動物たちはどうなのでしょうか?
私たちが動物を創り出し、私たちと一緒にこの地球上にいるのでしょうか?
それとも彼ら自身で、創り出したのでしょうか?
そして、もうひとつの疑問は…

待ってください。

あなたは、自分が全ての創造主であるという広い視野に立ち戻ることを望んでいますが、あなたが話しているのはそのことですか?

私たちが動物を創ったのだろうか?
それともあなたは、自分の現実の創造者なのだろうか?

かき混ぜて、ちょっと遊んでるだけです。

あなた方の話を聞いていると、よく人間の経験というのが出てきます。
私たち人間の中に入り込み感情を経験したい時、「人間を利用するんだ」と言っていましたね。

ただ自由に飛び回りたい時は、鳥や獣の世界に入り込みます。
というように…

それはちょっと、違うような気がします。
でもなぜ私たちがそう言ったと思うのか、その理由は理解できます。

なぜそうなのか、話す必要があるほどではありません。
そうですね…、なぜそうなのかもう少し話した方がいいですね。


でもこの話から受け取ってほしいのは、以下のことです。

まず第一に、あなた方は創造主であり、この地球で起きていることに貢献しているのです。
なぜならあなたは、今ここにいるからです。

今ここにいるあなたの注意が、この惑星で起きていることの進化を引き起こしているのです。
あなたの意識は、常に全てのものの進化の一部なのです。

だから誰が本当の創造主なのかという、強くて重い議論に入りたくはないのです。

物理的なものと非物理的なものの融合は、とても複雑に組み合わさっているので、非物理的な視点を受け入れることを妨げるようなことはこれ以上したくないのです。

あなたの「私たちが創ったのか」という質問は、とても良い質問でした。
なぜならあなたが創造について話している時、非物理的なものの持ち主について足を踏み入れたからです。

少し複雑なのですが、気になる方だけ聞いてください。

獣と人間の違いで本当に重要なのは、この1つだけです。
動物が、よりステップ3に近いということです。

でも人間は、意識的にコントラストに対処するようになりました。

願望のロケットを打ち上げるために。
アライメントを見つけるために。

あなたの惑星の動物たちが、その調整を助けてくれているのです。

私たちが言うのもおこがましいことですが、人間がボルテックスを創ることに力を注いでいる間に、動物たちは種を創造し、進化させ、より多くのものを創り出しているからです 。

言い換えれば、誰もが創造的なのです。
なぜならどのような意識であっても、その体験が体験を引き起こしています。
非物質的なエネルギーに、満たされているのです。

願望のロケットを打ち上げたのが誰であれ、その非物質的なエネルギーに出会い、全てのものに進化を与えているのです。

目次
閉じる