MENU

エイブラハム

Best
創造
ソースエネルギー
幸せ
気分の良さ
瞑想
お金・豊かさ
人間関係
ワクワクする話

HAPPYちゃん 引き寄せ

HAPPY理論の基礎
創造
一歩踏み出したい
自分と繋がる
大切にする
意識を変える
違和感の解消
感情の取り扱い方
直感
ワクワクに従う
人間関係の悩み
お金・豊かさ
自分ビジネス

【エイブラハム】突然もう一人の自分に切り替わった!?

エイブラハムの言葉をチャネリングできる、エスターヒックスさんのワークショップの内容を日本語に翻訳しています。

エイブラハムの引き寄せの法則について詳しくない方にとっては、少し分かりにくい内容かもしれません。

今いる場所や状況によっても捉え方が変わってくると思いますので、人それぞれ自由に解釈して頂けたら幸いです。

エイブラハムの書籍がたくさん出版されていますので、そちらを読んでからご覧頂くことをオススメします。

ぜひ宇宙の叡智に触れて、いろんなメッセージを受け取ってくださいね。

ワークショップの内容は、著作権保護資料の使用に関するガイドラインに従って共有しております。

目次

【エイブラハム】突然もう一人の自分に切り替わった!?

私は人生で2つの不思議な体験があり、1つは10年前で、最近取り組んでいることをまだしていない時でした。
私は泳ぐのがとても下手で、泳いでいたら急に苦しくなって、別の人間になったような気がしました。

でももっと良い自分がいて、突然水と友達になったんです。
全てがシンクロし、それは私をたくさん驚かせました。
それが5秒くらい続いた後、突然また溺れ始めたんです。

そんなに長くは続かないものです。

その経験は、今はほとんど忘れてしまいました。
最近、2週間か3週間前にピアノを習い始めました。
ピアノを触っている時に突然弾いているような感覚になり、まるですごく上手に弾いている体験をしているみたいでした。

だから私たちはみんな同じように、その瞬間のその場所にいろんなバージョンの自分がいて、切り替えることができるんだと感じました。
どうしたらより良い自分に切り替えられるのか、知りたいんです。

「より良い自分」という言葉を使う代わりに、「より充実した自分」という言葉を使ってほしいんです。
そうじゃない自分も含めて、より多くの自分を許容してください。

あなたが溺れた時、本当にそのように思っていましたか?
大げさに言えば、水の中でフラフラしていたんですよね。

はい。

10年前のことだから覚えていないかもしれませんが、今充実した自分になれば思い出せるかもしれません。
その水の中に自分を戻して、何が起こっていたのか私たちに説明してみてください。

何が起こったのか、どんな気分なのか、何をしていたのか。
もし泳げないのなら、なぜ水の中にいたのか。

泳げないと分かっていながら、なぜ水の中にいたのですか?

泳ぎを習うために、レッスンを受けていたんです。

レッスンを受けていたのですか。
水の中にいる誰かを、信頼していたのですね。

公共のプールで、大勢の人がプールにいました。

では、危険ではありませんね。

水が怖いのは知っています。
泳ぎは下手だけど、水は怖くないんです。

それは危険な組み合わせですね。

どれか1つでも思い出せますか?
どんな内容だったか。

言い換えると、突然何らかの理由で、水があなたのフォーカスの的になったということです。
何が起こったかを説明するので、このようなことが起きた理由は何だと思うのか教えてください。

それは実際に起きたことです。
なぜそのようなことが起きたと思うのか、理由を教えてください。


その時、抵抗を解放した原因は何だと思いますか?
なぜなら抵抗がなくなれば、あなたはより充実した自分になれるからです。

抵抗の残りをそのままにしておくと、いつでも時々そうなるかもしれないという、気が進まないものを感じるかもしれません。

どうにかしてそれを、まとめることはできませんか?

分かりません。
私が持っている唯一のものは…

人が走る時にゾーンに入ることがあり、第二の風を感じることができます。
言い換えれば、今やっていることにフォーカスすることで、人生について悩んでいることから目を逸らすことができるんです。

だから同じように泳ぎを学んでいる人たちと一緒に水の中に入り、泳ぐことへの期待という波動の流れに巻き込まれ、ほんの一瞬、非論理的に自分が泳げると思ったのかもしれません。

プールの中ではもう一人の自分がいて、その感覚はとても不思議でした。
泳ぎ方を知っている、もう一人の自分がいたんです。

理解してほしいのは、私たちはこの会話にとても感謝しているということです。

この対談は、私たちが皆さんに伝えたい最も重要なことの核心をついており、私たちが一緒にいるこの数日間でそれを受け取り、自分のものにすることができるからです。

あなたはいつも自分が思っている以上の存在であり、あなたの中にはあなたと共にフォーカスしている非物質的な部分があるのです。

多くの人間が、まだ理解していないことがあります。
ソースエネルギーはあなたのことを意識し、全ての経験の瞬間にあなたと一緒に焦点を当てているのです。

意図的に期待していて、あなたが誰であるかを知っています。
あなたがそれをブロックしない限り、あなたはその人なのです。

問いかけていることは、あなたがいつも考えているような「なぜ、もう一人の自分に変わってしまったのか」ということではありません。

「どうすればもっと抵抗感をなくすことができるか」と考えると、どんな時でも本当の自分で存在できるのです。

この区別が分かりますか?

「もう一人の自分」と言うのをやめましょう。
ミュートボタンを押して、「いつもそこにいる自分」と言うのです。

いつもそこにいるのが自分で、時々それを許さない自分がいます。
なぜなら、現実の生活に目を向けているからです。

でもここにいる自分は、楽しい時間を過ごしている人たちと一緒にこの水の中にいるんだ。
泳ぎを学ぶためにここにいて、泳ぎたいという願望がある。

私は泳ぎたいんだ。
あまりにも泳ぎたいと思ったから、実際に水泳教室に通っていた。
実際にその場所に行くほどまでに、欲求にフォーカスして、実際に泳げるようになる場所に行ってみた。

そうしてあなたは意図を設定しました。


あなたの内なる存在は、至る所にあるのです。

あなたがブロックしなければ、一瞬にしてできるようになることがあるのです。

この集まりで言ったことは、現在進行形のことだということを覚えておいてください。
あなたが求めていることは現在のことですから、しばらく現在進行形のことにしておきましょう。

そしてもう一人の自分が、物語を創り上げるのです。
いや、もう一人の自分ではなく、それはいつもそこにいるただのあなたです。

あなたがブロックしなければ、いつも本当のあなたなんです。

もう1つの不思議な出来事は何だったのか、もう一度教えてください。

もう1つはピアノのことで、それは長く続きました。
最初は本当にびっくりして、楽しさでその感覚はすぐに消えてしまいましたが。

ピアノの場合は30、40秒くらいは続いたと思います。
映画を見ているような楽しさがありとても驚きましたが、とても楽しくて分析しようとは思わなかったんです。

その日、ピアノの前にいた時、あなたはどう思っていたのでしょう?
その時初めて、ピアノを弾きたいと思ったのでしょうか?

いいえ、私は1年半前からピアノを習い始めていました。

ではそれ以前から、ピアノをやりたいと考えていたのですね?
その思いに勢いがあったと、認めていますか?

今始まったばかりの願望ではなく、すでに勢いのある願望だったということですよね?

はい。

あなたが求めたから、それが与えられたのです。
でもほとんどの人は、願ってそれが与えられたとしても受け入れることをしません。

その瞬間に、何が起こっていたと思いますか?
あなたが流れに身を任せたその瞬間に、何が起こっていたと思いますか?

ピアノの前に、誰かと一緒に座っていたのでしょうか?

いいえ。

他の誰かと一緒に、部屋にいましたか?

いいえ。

自意識過剰というわけでもなく、ただ自分だけがそこにいて、誰かのために演奏しているわけでもなかったのですね。

恥ずかしくもならないほどの名人芸のようなものなのか、それとも普段よりずっと良い演奏だったのか、どうでしたか?

普段の演奏より、ずっと良かったです。

では、あなたの信念の範囲外のことではありませんね。

いや、それは私が達成したいことの道筋にあって、もっと上手くできるはずです。

あなたは多くの問題を抱えています。


でも私たちが質問したことであなたに本当に注目してほしいのは、あなたが望んでいることでその瞬間にどんな理由があったとしても、ブロックすることなくそのままにしておくということです。

気がついたら普段の演奏がいかに酷いものであったか、思い出すでしょう。

でも、何かが残りました。
つまりその日以来、私の演奏は良くなったんです。
あの時もすごく良かったけど、今はもっと良くなっています。

あなたの存在の軽さを感じるので、あなたが多くの経験をしていることは確かです。
あなたがボルテックスに設定した意図が、内なる存在によってフォーカスされているところです。

その他にも悟りの瞬間や明晰になる瞬間を、たくさん体験しているのではないでしょうか。
言い換えればあなたは、簡単にこう言うことができます。

「エイブラハム、いつもはかなり混乱しているけど、いろんな意味でいつもより明晰になっている」とか、「いつもは退屈だけどいろんなことが起きて、自分との繋がりを見つけられるようになった」とか。

人生が完全に変わったんです。

その時のあなたに戻って聞きたいのは、なぜそのように驚くのかということです。

いつもはそうではないのに、なぜ泳げるようになったり演奏できるようになるような、不思議なことが起きたのか。

自分自身が明確になる不思議な瞬間があるのに、なぜそれがダメなのですか?
自分の才能と欲望に足を踏み入れたんです。

はい、はい。

あなたが知っている以上に、あなたはとても多くのことを受け取っているのです。
だから偉大なことや悟りを、垣間見ることができるのです。

そのようなことが起きた時に私たちがあなたにお願いすることで、あなたの人生に一貫性をもたらしたいのです。

そのことにフォーカスし「その時に自分は何を感じていたのか」と、自問してください。
何度も何度も抵抗が少なくなるパターンを発見することで、より大きな満足感を得ることができるのです。

そこに座っている時あなたは楽しんでいて、誰もあなたにそれをやらせたわけではありません。


エスターは10年間ピアノを習い、練習の100%をレッスンで行っていました。
彼女がそこにいたのは、誰かの意思だったからです。

だから彼女は、ピアノに1ドル札を置いて座ります。
それが昔のレッスン費だったからです。

ピアノの先生は、エスターをとても気に入っていて大好きでした。
30分ほど一緒に、ピアノの練習をしていました。

そして今ではエスターはかなり上手に弾けるようになり、楽譜も読めるようになっています。
でも彼女は、自分の中の深い欲求を満たしてはいませんでした。

ただ全く別のこととして、誰かが考える「こうあるべき」を満たしていただけなのです。

そのため、より良い自分がパーティに来ることはありませんでした。

目次