【エイブラハム】あなたの波動を変えられるのはあなただけ

エイブラハムの言葉をチャネリングできる、エスターヒックスさんのワークショップの内容を日本語に翻訳しています。

宇宙意識の集合体であるエイブラハムの言葉を聞いていると、不思議と気分が良くなります。

ぜひ宇宙の叡智に触れて、いろんなメッセージを受け取ってくださいね。

ワークショップの内容は、著作権保護資料の使用に関するガイドラインに従って共有しております。

目次

【エイブラハム】あなたの波動を変えられるのはあなただけ

では基本的なことを説明した後、進めていきます。
引き寄せの法則は、次のような強力な法則です。

物理的なもの、そうでないもの、すべての振動周波数を認めます。
そうでないという事は、物理的な感覚を通して変換できないものということです。

引き寄せの法則は、すべての振動数を管理します。
ラジオのダイヤルを特定の局に合わせるのは、そのためです。

その局が放送しているものを聞くことができます。
放送周波数と受信機の受信周波数が、同じ場所に設定されているからです。

だから宇宙のすべてのものと同じように、すべての人、すべての考え、すべてのアイデア、すべての側面が、周波数を持っています。

そして集中すると、その存在に集中してある種の周波数を強固にするために強調を加えます。
そうすると、その周波数に合ったものが出てきます。


あなたの体験に現れるのです。
それが引き寄せの法則です。


自己主張の法則はありません。
誰もあなたの経験を主張することはできません。

ですが、あなたが彼らや彼らが考えていることに注意を向けているために、彼らがそうだと思うことがあります。
でもあなたが彼らに注意を向けることで、それが引き寄せられる要因になるのです。

彼らはあなたの経験に対して、何も主張していません。

それがわかったら今度は、自分が何を提供するのかを実践してみるのもいいかもしれません。

最近エスターはある人から、本当は貰いたくなかったものを貰ったそうです。
その人は自分とは違うように訓練してきたと思っていたので、その人から貰うとは思っていなかったのです。

だからその人からそれをもらった時、彼女は揺さぶられました。
何年も何年も訓練したことが、何の役にも立たなかったことを思い知らされたからです。

虚しさを感じました。
その夜、彼女はベッドでそのことについて考えていました。

彼女はその人を非難しているわけではなく、物事がどのように進んできたのかについて不満を感じていたのです。
その時に彼女の頭の中に、やっとの思いで疑問に対する明確な考えが浮かびました。

その思いを電話で伝える?
ちょっと待って。

断言の法則はなく、すべては引き寄せです。
という事は、あの人は私の経験に対して何も主張せず、私が引き寄せたということです。


あぁ、またか。
エイブラハム、私は自分に起こることのひとつひとつに責任を持つことに、かなり疲れてきました。

他の誰かが何の責任も取れないのでしょうか?
まぁ、できるかもしれないけど、それを要求するのはあなたではないし、あなたがしようとするたびにあなたはおかしくなってしまう。

ということで、夜中に数時間暴れ回って結論が出ました。
本当に引き寄せしかないのなら、自分がこれを引き寄せたということに気づきました。

言葉でコントロールしようとしているうちに、違うものを引き寄せてしまったんです。
つまり、もし私がこれを手に入れたのなら、私はそれを期待しているに違いないのです。

私はそれを期待しているに違いない。
だから「愛してる」みたいな言葉を使っている。

私の波動がまた私を失望させるのか?
でもエイブラハム、もし誰かが本当にあなたは失望させていたら?

現実を変えるのではなく、現実を直視します。
でもエイブラハム、この共同創造のダンスで、いつ他の誰かが責任を取れるのでしょうか?

1日1分、1日1分、誰にでも責任はあります。
ただ、あなたの言葉でどうにかできる事はありません。

時々彼らに十分な強さを示すことができます。
自分の脅しをかけることができるということですか?

ですが彼らは、実際には行動していません。
宇宙は彼らが行動していないことを示し続け、あなたの言葉に対する反応がないことを示し続けます。

だから最終的には、自分が望んでいないのにそれを引き寄せたということを、自分のものにする必要があるのです。
だから自分の気持ちを押し殺して私の言葉を引っ張り、愛していると言ってください。

私の波動は「あなたは私を下げている」と言っています。
私の言葉は「あなたは本当に仕事をしている」と言いますが、波動は「あぁ、あなたは もっともっと良くできるはずだ」と言います。

私の言葉は「私の世界のすべてが完璧である」と言います。
私の波動は「私はあなたをどうしたらいいのか」と言っています。

何が言いたいのかわかりますか?
あなたの波動に何か1つの鍵があるのなら、それがあって、それは大丈夫なのです。

あなたの波動に何かおかしなところがあれば、これが私たちがあなたに伝えたいことです。
他の人には関係ないことです。

あなたの波動が不安定なのは、あなた自身の押し引きのせいです。
そして心で心で心で心で私たちはあなたをとても愛していて、あなたの心を祝福します。

あなたは言葉で物事をコントロールできると、信じるようになりました。
だから信じたいことを「信じていない」と言うのです。


しかし宇宙はいつも、あなたが信じているものをそのまま運んできます。
いつもです。

だからあなたが知るのを助けてくれる、他の人たちを祝福してください。

自分の弱点はどこにあるのでしょう。
自分が何を望んでいるのか、信じられなくなっていることです。
私はあなたを鬱病の状態にしてしまったのでしょうか?

なぜならあなた方の多くは、自己反省より非難をします。
「待ってください、私はあなたと関わるまでこのように感じていませんでした」と言うのは、簡単なことです。

このことについて、あなたと関わるまでこのように感じていなかったので、あなたに違いないのですが。
それは決してそうではありません。

もし今まで、今まで、今まで、今まで。
しばらく時間がかかりそうです。

決して私たちは、あなたが進行中の各事項について話す事はありません。
今までずっと、今までずっと、今までずっと。

今まで1度もない、今まで1度もない、今までずっと、今までずっと。
それは決して、彼らのことを意味するものではありません。

それは常にあなたの事です。
あなただけ、あなただけ、あなただけ。

なんてことだ。
手に入れるまで、それを彼らのためにするのはとても簡単です。
あなたは源のエネルギーの延長であり、あなたの源はあなたと共にあります。

あなたが体験していることすべてにおいて、そして人生をふるいにかけて、あれやこれやと自分の好みの結論を出しているうちに、願望のロケットを発射します。
あなたの内なる存在はそのロケットになり、あなたが人生からふるい分け、あなたが好むと確認したものと振動的に同等になるのです。

だからあなたの内なる存在は、あなたの人生があなたにもたらしたものの正確な最先端に常に留まります。
だからあなたが理解しなければならない事は、あなたの人生があなたが追いついた以上の振動になることを、引き起こしているということです。

ですがあなたの内なる存在は、常にその最先端にいるのです。
そのため感情誘導システムを使って、自分がなってしまったものに追いつく機会を与えてくれたのです。

でもあなたの介入者が知っていることに、注意を払うのではありません。
つまり最も抵抗の少ない道への、自分のやり方を感じるのです。


自分の内側の存在が知っている、最も抵抗が少ない道筋で自分が誰になったのか。
その代わりにあなたはしばしば私があなたに言った事と比較して、完全に切り離された別の人間に目を向けます。

そして自分がどこにいるかというガイダンスとして、他のものを使います。
あなたの内なる存在が一歩一歩、あなたが何を意味するのか、何を見たのかを知っています。

自分が立ち上げたものや、自分がどんな波動を出しているのかを知っています。
あなたは誰で何を望んでいるのかを示す、シグナルを発しています。

その信号と一直線に並ぶと、あなたは元気で満ち足りた楽しい気分になり、明晰で力強く、愛に満ちた気持ちになるのです。

その代わり、あなたはどうでもいい人間に目を向けています。

もう花束を持ってきてくれないんですね。
というわけで、自分と内なる存在との間に意識的な関係を築こうと決めました。

つまり自分がどう感じているかを気にし、気分が悪い時には、それを自分のものにしようと決めるのです。
気分が悪いのは、自分の中の押し合いへし合いであることを認めてください。

あなたはすべての人間関係を改善することができます。
なぜならあなたは、すべての人々を解放することができるからです。

雇用主や恋人、親、友人など、身近にいる人を想像できますか?
あなたを愛したいだけの人と関係を持つことができます。

自分を支えるために何かを要求するわけでもなく、彼らはすでにすべてである方法を発見しています。
そして今彼らは、完全に幸せに暮らしています。


あなたに同じことを期待します。
闘争も権力闘争も駆け引きもありません。

あなたが私を小さく見ることもありません。

そんなものはありません。

どうせなかったことになるのだから。
それは常にあなたの意見の相違であり、あなたが行動するたびに介入し、自分が必要とされている人間であることを示すたびに、あなたの内側にあるあなたがそうでないことを知っている存在と、交差することになります。

それはあなたの内なる存在が、あなたがこれまで求めたものすべてが入った籠を持って、立っているようなものです。
友達が何もしてくれないから、籠が存在しないかのように装います。
そして私たちは「あなたは間違った場所で自分のものを探している」と言います。

愛を探しているのは間違った場所です。
あなたはすべての間違った場所に、透明性を探しています。

反社会的な人間になるように説得しましたか?
それは私たちの目標ではありません。

ただ自分らしさを追求して、一緒に遊んで欲しいんです。
ないものを探して見つからなかったら、落ち込むのではなく、それを探して見つけて、それを見つけた人と一緒に遊びます。

そして繋がりを探し、見つけると、根拠なく探している人を見つけて、今日ここにいる人たちのようになるんです。
あなたはいつもそこにいるわけではありませんし、エスターもいつもそこにいるわけではありません。

でもエスターがそこにいない時、彼女がそれを知っている事は確かです。
いないからといって、あなたを責めたりはしません。

そして今私たちは、彼女がそこにいないことを責めないように手助けをしたいのです。
そこにいなくていいんです。

どこにいるのかわからない場所にいていいんです。
自分が何を望んでいたのか、それを失って初めて知ることができます。

それが人生のプロセスではないでしょうか?
それが生命の進化と拡大ではないでしょうか?

私たちはすぐに行動を起こすヒントを与えているだけです。
同調してから遊びます。

YouTubeでもどうぞ!

目次
閉じる